« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

勝敗を分けるのは経験の差だ

今日は、FF1週間総まとめーw

さて先週は、PTは1回もできず・・・orz
そんな中、護衛クエとプロMエリアでちびちびと経験値ゲットでふw
結果レベルは変らず67まで@13000・・・今週はレベル上げられると良いな・・・

月曜は闇の炎お手伝い行ったかな?もうちょっとで戦力になれそうな予感・・・・逆にいうと全ての魔法はハーフレジでした・・・orz
皆!もうちょっと待っててね!w

火曜はBC♪
ホルレーの30BC降下猟兵に行く事にー!
目玉アイテムは”皇帝羽虫の髪飾り”!鯖価格約250マソ!これが出れば俺がずっと欲しかった、精霊トルク買ってお釣りが来ると言う逸品だ!w
他にもイレースや空蝉の術:弐が出るらしい・・・この2つも常時鯖価格で50マソを越える高額アイテム!
@はマネキンパーツか・・・これは競売売りできないので相場は良く分からんけどそこそこの値段で売れるのかな?
ぶっちゃけ全部出す勢いで参加じゃーーーーーーーーー

で、俺の結果としては、、、

夢は夢のままが良い・・・だってまだ夢が見れるのだから・・・

ええ、負け惜しみですよw

全体では6連戦で皇帝2つ出たので確立通りかな?魔法は結局1つも出なかったけどね^^;
初戦でいきなり唯一のレイズナーである俺死亡wそれ以降も毎回のように死者出したけど、移動も少なくて連戦出来て良い感じのBCだったね^^
しかし、薬品+リレイズピアス買った俺としては、せめてマネキンパーツが高額で売れて欲しい・・・・・

じゃないと、金額収支マイナスなんだもの!w

他にはフェローは無事?37に!そしたら、虚ろな闇にに調査に行きたいと言う始末。
なんとわがままな!でも、装備がかなりエロせくすぃーくなってたので一緒に行きましたよw
で、事前に調べる事も無く、何も知らずに裸で付き合って行ったら死にましたw

死んでから調べるあたりが俺っぽいけど・・・・ふむ、、、新しいパールが貰えるクエなのね。
で、タクティカルパールをゲット♪4回程追加でフェロー呼べるのね。無くなったら、週1回貰いなおし出来るらしい。
フェロー版護衛クエみたいなもんかw
武器クエ3も発生し兼定を渡した!って・・・・【両手刀】高いよ!w
その後フェロークエ5”冥闇”が発生・・・・手間がかかるなアルミティ・・・・

本人のスキル上げもして両手棍が104→117に上がった!って、、、、依然低すぎだけどw

土曜はプロMのオウリュウ戦用クエアイテム集め。結構集まったほうなのかな?よく分からんけどw

で、日曜日は、久しぶりにPTピーク時間前にイン!気合入れて希望出そうとしたらサーチ障害・・・・・・またPT組めませんが、、、、呪いですか?w

倉庫整理して寝ましたさw

今週こそ!【経験値】【ください】【はい。お願いします】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

あの人に勝ちたい!

明ーー日ーー夢ーー!!

響鬼が始まって、早半年以上が経過しているにも関わらず、未だにその態度か!
貴様は”碇シンジ”か!w
みどりさんに修正されろ!

でも来週のタイトル見ると、やっと期待できるのかな?でも、これまでもあったからなー・・・
来週で変化無ければシンちゃん決定だなw

あきらちゃんの出番はちょっとだけでした、、、、
まさか、このままラスボスになるなんて事ないよね?w
息吹鬼さん!しっかりしてよ!頼むよ!

あきらちゃんの出番がない分、今週はモッチーの出番多数でした!w
うむ、モッチーも良いよね!やっぱ!w

で、遂に音撃の効果を無効にする魔化魍が出てきました!
もちろん、3人の鬼でも太刀打ちできず撤退・・・

童子達に捕まったみどりさんと、明日夢。。。。さて来週はどうなるんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

最後の勝利者

千葉ロッテマリーンズ優勝!!

阪神タイガースを4連勝で破り、見事日本一に輝いた訳ですが・・・・・

俺から言わせればまだまだだなw

やっぱり、3連勝した時点のヒーローインタビューで、あの名台詞言わないとまずいでしょ・・・

「阪神(セの優勝チーム)なんて、楽天(パの最下位チーム)より弱い!」

これ言って優勝してこそ本当の優勝さw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

馬鹿な!私は冷静だ!

ネットサーフィンしてたら、こんなの見つけたw

http://www.appleseedonline.com/

好きな人ならすぐ分かると思うが、士郎正宗のAPPLESEEDのゲームらしい。
WEBブラウザで遊ぶタイプでソフトのインストールとかいらんらしいから、今度遊んでみよっかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

エクステンデット?!

今日は給料日♪
いや、別にどうでも良いんだがねw

さて、フロントミッションオンラインWindows版の発売日が12月8日に変更されましたな。
いや、別にする気は無いんだがねw

初代は結構好きだったけど、2は面倒すぎて途中で挫折したしw
サカタが好きだったんだが、オンラインでも出るのかな?
やっぱカレンデバイスは入手困難なのかな?
こうして思い出すとやりたくなってくるが・・・・

でもしないよ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

モニターだって半分以上死んでるんだ

ガンダムSEED DESTINYが終わり、毎週のディフォルト記事が無くなり困り果てていますw

そこで、毎週月曜はFFの日!として1週間分のプレイ日記をまとめて書くぞ!w

えー・・・・・・
先週は、リアル帰宅遅い日が続いて何もしてないかもw
いきなりつまづきますた・・・・orz
かすかなプレイ時間を思い出すと・・・

PTに1回行ったな。
で、ようやくレベルが65→66にアップ!
しかし、サンダー3が競売に出ない不具合について・・・orz
店売りは高すぎて買う気になれんのよねw

結局、3日程競売とにらめっこして、やっと購入できたよ。それまでの相場4,000が10,000で買ったけど、店売りだと40000するからまぁいっか!と思ってたら、次の日には大量出品&相場が元の価格に安定・・・
俺の運なんてそんなもんさw

水曜なんて、珍しくPT時間の21:00前にインできたと思ったら、0:00からメンテのシステムメッセージが・・・orz
参加希望なんて全然無くて、その上同じレベル帯に黒6人って・・・(全体の希望者13人しか居ないのにw)
速攻あきらめてフェロー上げしたさw
ザルカでフェローしてたら、何とかフェローが34にレベルアップ!
そこで、通りがかりのれおさん発見!そのままウィンさんの召喚AF3取って落ちました^^;

で、週末はハロウィーン!!w
去年は参加しなかったので、アイテム貰いまくり!wトリートスタッフ・トリートスタッフⅡ・トリックスタッフⅡ・パンプキンヘッド・パンプキンヘッドⅡの他、見知らぬ人とペア組んで、ピッチフォークもゲット♪
うーむ、、、、ハロウィンが一番充実してたかも知れんw
今週も(暇なw)時間あったら、ホラーヘッドとフォークHQ取りに行こーっとw

今週こそはレベル上げしたいなー・・・
金庫では既にブラッククロークが出番待ってるしw

ブラクロ装備まで後2レベル!←ヤマト風に読むんだぞ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

命散って

だーいちーにー命♪
やべぇ!布施の歌にハマリ気味wCD買っちゃいそうな勢いでつw

今週の響鬼もあきらちゃんメインの話でした^^
やっぱイイ!

今週は更に、響鬼さんもあきらちゃんの悩み相談に加わります。
しかーし、あきらちゃんの結論はダークサイドに落ちる事に・・・

結局、ダースベイダーなりかけの朱鬼さん死亡により、あきらちゃんダークサイド転身は未然に防がれましたが、これからどうなっちゃうんでしょう?
最後の雨に打たれながら泣くシーンは心打たれます・・・・・・早くジェダイの騎士になれると良いな・・・

斬鬼さんは変身したけど、特に体に異常は無いみたい。。。心配して損したぞ!w
しかし、先週古傷が足でなく胸って急な展開はこの話の為だったのね、、、、まぁ、、、、結局無茶な話の展開って事に変わりは無いけどw
でも、斬鬼さんは、何でまだ音錠持ってるの?ってーか、だったら轟鬼に貸してやれよ!
朱鬼が変身したのとか見る限り、個人専用の物って訳じゃ無さそうだし・・・

しかし、鬼達の鬼狩りの話と良い、最後の斬鬼さんの話と良い、あきらちゃんがここに混ざってればと思うのは俺だけでは無いはずだ!
で、その朱鬼さんは、ダースベイダーにもなり切れない事で、自分の命と引き換えに”ノツゴ”を倒します。

後、桐矢!
お前に鬼は無理だからな!
素直に諦めれ!w

もっとも、明日夢君はどうなんだ?と聞かれると、答えに窮するけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

最大パワー

今日から日本シリーズですな。
東北の野球は大分前に終わってしまったけど、サッカーはまだ熱いっス!

ベガルタ仙台が連勝を伸ばし、3位山形が敗れたので、遂に入れ替え戦の3位に浮上!と思ったら、、、、甲府に抜かれてました・・・・・・

徳島ー!

もっと気合入れて闘えや!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

数だけで決まるものではない

FireFoxが1億ダウンロード突破!

最初のリリースが去年の11月だから、1年で1億ダウンロードか・・・
ってすごいな、と正直思ったんだが、、、、
実際何人使ってるのかが気になる・・・・

まさか、、、毎日一人一回ダウンロードまではしてないだろうけどなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

僕が一番うまく使えるのに

来年の春映画は「のび太の恐竜2006」!

26作目となる、ドラえもん映画はのび太の恐竜リメーク!と発表されました。
いや、普通に前から知ってたけどねw

今年の春はドラえもん映画が無くてがっかりしてた子供達も大喜びさw
家にDVDあるから、2人とも何度も飽きずに見ている「のび太の恐竜」が、どうリメークされるのか!?
期待して待ってよーw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

おまえが欲しい

は~るか、と~おくの~、地平線から~♪
いや、布施の歌良いね!
∀のヒデキの時もそうだったけど、最初は衝撃的だが、やっぱ年寄りの歌って味があるわw

って事で、やっと響鬼見ましたw

桐矢・・・・ぬっ殺す!
明日夢は良いさ、、、、でもな、、、、あきらちゃんをいじめるやつぁ許さねー!
後で、体育館の裏へ来い!
と言うことで、今週はあきらちゃんメインの話でした、、、萌え♪w
やっぱ、かわいいのぅ、あきらちゃん。制服姿が一番かぁいい!w
あきらちゃんの両親って魔化魍に殺されてたのね、、、、、、その暗い過去、ますます好きになっちまうぜw誰か俺を止めてくれ!w

色々な不安を抱えるあきらちゃんを導くのに、若手イケメンの息吹鬼さんでは、やはり役不足らしいw
そして、そのあきらちゃんの悩みを解決させるのはやはり斬鬼さん!
先週のグラサン掛けて、トランシーバー持った恋愛のプロフェッショナル?w姿が嘘のように、以前の渋い斬鬼さんが戻ってきて、俺嬉しいッス!
あきらちゃんに言った「鬼になるには自分の中の鬼を殺す事だ」って、つまり、憎しみで戦う鬼になるとダースベイダーになっちゃうよって事でok?w
しかし、その前の病院のシーンはどう見るべきなんだ?まさか、、、、、死ぬのか?死んじゃうのか?死んじゃったりしちゃうのか?
来週は斬鬼さん、医者の言う事聞かず変身しちゃう見たいなので、見逃せません!

そして、新キャラ”朱鬼”!
初の女性鬼!ライダーとしても、3人目かな?
確か、龍騎の映画の時、加藤なつきが始めての女性ライダー:仮面ライダーファムって事で話題になってたと思う。ブレイドの映画で仮面ライダーラルク:三津谷葉子があったから、3人目で良いんだよな?ちなみにタックルは仮面ライダーでは無いらすぃ・・・
ちなみに武器はハープ?で、斬鬼さんの師匠らしい。何らかの理由で鬼をやめさせられたらしい。そして、変身しなくても炎とか出せる超能力者っぽい。しかも、武器はアポーツで取り寄せる。もしや、彼女はダースベイダーになってやめさせられた?w
まぁ、ヴィジュアル的に、俺の中であきらちゃんを越える事は無さそうなので、現時点で深く突っ込むのはやめて置こうw

最後に、10年ぶりに姿を現したと言う響鬼装甲でも苦戦する魔化魍”ノツゴ”!そして、その攻撃に飛ばされるあきらちゃん!

いやー、来週はびしょ濡れのあきらちゃん登場か?!
来週が待ち遠しすぎるぜw

あー、そう言えば、スタッフの人ー!もし見てたら、1回で良いので、
裁鬼さん活躍させてー!
見てて不憫になるよ・・・・って、、、、死んでないよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

戦いに敗れるとはこう言う事だ!

パ・リーグのプレーオフが昨日おわり、千葉ロッテマリーンズが優勝となり、阪神タイガースと日本一を賭けて戦う訳だが、、、

ルールなので仕方ないと言えばそれまでなんだが、ソフトバンクにちょっと同情しちゃうよね^^;
昨年・今年と2位に4.5ゲームを付けリーグ戦で1位となった訳だけど、@0.5ゲーム差が付けばプレーオフで1ゲームのアドバンテージが貰えたのに、と言う惜しい1位。
で、2年連続で2位のチームに2勝3敗でプレーオフで敗れた訳だ。。。

若い人にはわからんだろうが、王監督と言えば当事の野球少年(俺も含まれるぞ!)の憧れのプレイヤーよ。
そんな人が、2年も続けてほんとに惜しい形で優勝を逃したとなると、なんかちょっと複雑な気持ちになるな・・・

ただ、、、、、

俺、中日ファンだから、どうでもいい事でもあるんだがW

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月17日 (月)

天使達の昇天

うーむ。このブログ見る限り、俺がFFをプレイしてるとは思えんなw

たまには、FFの話題でも・・・・
前回のFF関連記事(9/19のバリスタ以来書いて無いっぽいw)以降、1ヶ月近く何してたんだろ?w

まず、レベルが60→65に上がってるな!このペースで上がるってのは俺にしちゃ結構すごい事かも!w
もうちょい(@9000)で爺への挑戦権が得られるんだね・・・・もっとも70なるまで行く気無いけどw

それから、ミッション!
遂に闇王倒してウィンダスランクが6に上がったー♪

ランク上がったのに伴い、ジラートミッションも、やっとスタート!
次は怨念洞奥でのBCか・・・停滞しないようにがんばろー!空へ向かって進むのじゃー!

それから、プロM。
長く停滞してたけど、遂にマメット撃破!その後、2つの道で、ウィン編・サンドリア編それぞれのNMも撃破!そしてソ・ジヤでチップ取って、先週末はディアボロスも撃破!

とプロMが一番充実してたかも知れん。

そういや、一応、ランクとレベル制限のある裏世界開始のデモも見たなw実際には、まだまだ行けそうに無いけどねw

後は何だろ?

そう言えば、人60BC初体験wもしたんだった!
サハギンBCで、特務潜行隊だっけ?LSで7連戦して、全勝!俺は弱体トルク当てて、競売出品した金で、遂にイレース買ったっけw

ちなみに俺の場合、上記の全部が寄生でクリアしている事は言うまでも無いw

いつも手伝ってくれる皆、ありがとー!

寄生バンザイ!

これからも寄生させてねー!w

しかし、1ヶ月で大分死んだなw
多分PTで1回、プロMではマメットで3回?、2つの道で1回、ディアボロスで2回、ウィンミッションの骨戦で1回。
後、暇だった時に、金庫に溜まってる鍵掃除しようと思って、クフに地図取りに行ったら、ギーブルに絡まれる事2回・・・えぇ、2回とも瞬殺されましたよ、、、、orz
1ヶ月で10回の死亡は、多いのか少ないのか・・・

まぁ、これからも死にまくるさ!死こそ冒険者の醍醐味!目指せ江呂樽墨魔道士だからね!←意味分からんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

戦士、再び

響鬼・・・・まだ見てません!

いや、映画じゃなくて、今日の放送の奴w

録画してるので、後で見たら感想書くって事で、今日はマジレンジャーだ!w

今日のマジレンジャー!は、放送当初の俺の予想通り、ウルザード=父親って・・・・・分かりやすすぎ!w
いや、やはり、この安直さが戦隊ヒーロー物の良さだと認識するべきだなw

スーパーヒーロータイムは戦隊物=お子様向け・ライダー=お子様+大人も楽しめると見るべきだろう!
もっとも、戦隊物もここ2作は、女性2人がディフォルトに入ってて、俺的には結構楽しめるがw(中でも、ジャスミンは直球ど真ん中だったなw)
+ルナジェルも美人っぽいwアバレンジャーのまほろさんと同じぐらい好きだ!w

しかし、予告見るとそう簡単に仲間には戻らんみたいだね?
まぁ、ここで、仲間になっちゃうと、来年の2月までストーリー持たないのかな?w

やっぱ、レンジャーはライダーみたいに難しくなくて、数回見逃してもストーリーに置いてかれない安心感があっていいね!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

昨日は

昨日は、リアルでショックなことがありました。
人間として、生きていく内に何度か遭遇する事な訳ですが、出来ればなるべく少ない方が良い類の事ですな。

そんな訳で、大分落ち込んでましたが、復活しました!(早w
くよくよ考えててもしょうがないしね。

さぁ、明日もがんばろー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

・・・・・

今日は日記を書く気になれません・・・

ごめんなさい・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

だから、おまえは阿呆なのだ!

先日の阪神電鉄株の大量買収から世間に話題を振りまき、今度はTBS株の購入と、次々にメディア受けする話題を振り撒くM&Aコンサルティング、通称村上ファンドの社長”村上 世彰”氏!
当然、ここ半月位のメディア露出はすごいもので、テレビ・雑誌等でその顔を見ない日は無いと言う状況が続いている訳だが・・・・

彼の顔を見る度、

"萩本欽一"を連想してしまう俺ってどうよ?
やっぱおかしいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月12日 (水)

・・・全滅だと?

いやぁー、すっかり忘れていたんだが、以前に日記に書いた
UniversalCentury『-Dawn of Australia-』
って、発売されたのか?w

9月29日発売予定だったはずだが・・・

ガンダム関係のBBSにはよく顔を出すんだが、全く話題に載ってこねー!w
本当にサービスインしてるのか?と思わせる程の人気の無さw
やっぱ、あんな機能しか実装してないのに金取ろうなんざ、甘すぎるわなw
近日中にサービス停止に追い込まれそうな罠w

最後の望みは年末のVUで、どこまで機能を充実できるかに掛かっているかも知れん!
がんばれ!サミー!ちょっとだけ応援してるぞw

一方、「ときめもオンライン」のβ2ユーザー募集始まってたー^^
FFXIのLSメンに教えてもらった俺は、速攻応募したお!
今度こそあたらんかなーと思いつつも、クローズドβの場合って、やっぱプレイ時間の多い廃ユーザーが優先されるのかね?
俺、1日のプレイ時間:3時間、土日のプレイ時間:3時間って書いたが、やっぱこれがダメなんだろうか?

かと言って、善人な俺としては、こんなので嘘つく気にもなれんし、なにより休日に1日中ゲームしたいとも思わんしな・・・・
いっそ、オープンβにして、BeCre!させてくれよ!コナミ!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

そんな体で

俺は、この3連休だった週末は、上の子の運動会があって、”親子玉入れ””親子綱引き””父兄リレー”とフルコースwで、先週頭から調子の悪かった持病の腰痛を悪化させたんだが、昨晩のFFで長時間座ってたせいか、今日は朝から、かなり腰の調子が悪かったのよ。
で、調子悪いにも関わらず、日課である”昼休みテニス”やってたら、腰が”ピキッ!”ってなったw

いやー、久々にきたねw
ぶっちゃけ、今、椅子から立ち上がれんよ(T.T
また、暫く病院通いかもしれん・・・・

でもさ、運動会での父兄リレーで、マヂになりすぎてスッ転んだ前の人に躓いて、

救急車呼ぶ羽目になった

俺の知らない、どっかのお父さんよりはマシだろ?w

ちなみに、このお父さん、骨折したっポw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

俺は○○○と添い遂げるー!

今週の響鬼さんは、先週の続きか・・・

ってーか、斬鬼さんってそれで良いの?ホントにそれで良いの?
なんか、キャラ変わってると言うか・・・・面白すぎw

あと、息吹鬼さんもそんなんで良いの?ねー。清めの音が「ぷひゃーーーー」って、、、そんなんで良いの?

ぶっちゃけ、2週に渡ってするほどの内容だったのか疑問?w
まぁ、結局みどりさんが主役だったのかw

桐矢!あきらちゃんに何かしたら俺が許さんぞ!(怒!

しかし、財力に物を言わせて、何かするキャラかと思ったら、結局全部自分でやるのか?
そうなのか?
かなり思わせぶりな行動とっておいて、以外にたいした事無いキャラで、何しに来たのか良く分からないまま終わるんじゃねーの?って気がしてきたぞ!w

そんな訳ないよな?
それじゃ、あんまりだよな?
なんか、少しぐらいオチつけるんだぞ!桐矢君!w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 8日 (土)

ガンダムSEED Evolution!

今日はSEED-D祭最終日!Destinyの続編を妄想してみよう!
次回作「ガンダムSEED Evolution(仮)」w

物語の舞台は、今作品の2~3年後が良いであろう。
デュランダルは死亡したが、その後もディスティニープランを巡り世界は混沌としている状況。
オーブ首長国連邦は計画反対派の中心となって推進派各国と緊張した状況の中にいた。

そんな中、オーブでは新型戦闘兵器の公表式典が催される。
前大戦で破壊されたタケミカヅチに変わる旗艦”ホノカグツチ”、ムラサメの後継機にあたる新型MS”ムツ”、新開発された指揮官用機体はアカツキの廉価版である”ホムラ”、新世代のフラグシップモデル”インペリアルガンダム”である。
その式典中に敵襲。敵はミラージュコロイドを装備した戦艦であり、その兵力はザク・グフ・ウィンダムと所属のはっきりしない部隊であったが、オーブはこれを難なく撃退した。と、思われた時、首長カガリはストライクフリーダム強奪されるの報告を聞く!
ディスティニープラン推進派である、ユーラシア連邦の疑いが強いが、この時点で確たる証拠は無く、オーブは独立部隊アークエンジェルによる追撃を決定する。AAはマリュー艦長を初めとした従来のクルー他、キラ・ヤマト等も登場。しかし、その中に、アスラン・ザラ、ムウ・ラ・フラガの顔は無かった。

所属不明艦を追う、AAは太平洋を北東へ、そして北極海周りで、大西洋へと進んでいく。途中何度か補足するも、ストライクフリーダムの前に決定的な場面を作れずにいた。
アラスカを抜けようと言う頃、再度所属不明艦を捕えたAAだが、ストライクフリーダムの前に苦戦をしていた。
そこへ、現れる∞ジャスティス・ディスティニー・インパルスの3機。3機はAAの援護となりストライクフリーダムを追い詰めていく。
そこへ、所属不明艦の援軍が到着する。敵はデストロイを投入してきたのであった。結局ストライクフリーダムを含む敵影を取り逃がしたAAは3機のパイロットを確認する。
それは、最終決戦後一時はオーブへと渡っていたが、その後消息の掴めなくなった、アスラン。同じくプラントから失踪した、シンとルナであった。
再会を喜ぶAAクルーであったが、アスランは「今のオーブが正しいとは思っていない」と言い残してAAから去っていった。

一方、プラントも内部で推進派と反対派に別れており、混乱状態であった。反対派の筆頭はもちろんラクス・クライン。
ターミナル・ファクトリーと言った、プラント内の秘密組織の暗躍もあり、ラクス軍は基本的に優位に事を進めていた。
特に、ファクトリーが開発した新型MS”ゲルググ・マーシナリー”は、前大戦時のMSを遥かに凌ぐ性能を持っており、推進派内の鷹派は一掃される目前であった。

推進派が最後の決戦地として、月面に終結。ラクス達は最後の決戦を挑もうとしていた時、推進派に援軍が現れる。
それまで、両者の戦闘を静観していた、正規のザフト軍であった。旗艦はミネルバ級2番艦”マルス”司令官はイザーク・ジュール。彼は乗機”ソニックガンダム”を駆り、ラクスと対峙する。
そしてラクスに対し「ディスティニープランが正しいとは思わん!しかし、このやり方ではパトリックやデュランダルと何ら変わらないではないか!」
戦闘は熾烈を極めるが、両者決定機は訪れず、勝敗の決しないまま両軍は撤退する事になる。

アスランが帰搭したのはアラスカ。旧連合基地があり、サイクロプスによる無差別殺戮により崩壊した基地の一部を改修しただけの拠点である。
ここで、アスランはマルキオ導師に報告する。そこにはメイリンやアーサーの顔もあった。

何とか、AAの追撃を振り切っている所属不明艦。司令官は栗色の髪を持つ仮面の男”ネオ・ロアノーク”。
この艦のMSパイロットの半分は司令官と同様栗色の髪を持つ青年であり、残りの半分は、本当の自分を知らず、刷り込まれた過去しか持たない若い男女であった。

と、物語の中盤ぐらいまでを妄想してみましたw
ポイントは、既にキャラが飽和状態であり、新規のキャラは最小限に押える事。
SEED-Dで戦う事を決意したキラ達と、その敗者であるシンを意味を持って対決させると言う軸で妄想してみたw
又、ムウはネオであった事からオーブを追われ、世界を流転するうちに、残っていたフラガのクローンやエクステンデッド達を見る。
そして、自責の念から彼らの生涯を見届ける事を決意したって流れだ!
しかし、ムウ達の後ろ盾は第2のロゴスとなるべく暗躍している組織。ムウは彼らを本当の意味で救う為に、自分達の戦力を高め、反逆の機会を伺っていると言う設定でどうだろう?

ぶっちゃけ、かなりの妄想であるが・・・良くね?・・・・かなり良くね?w
自分で自分を誉めるあたり、俺もかなりのもんだなと思いつつwほんとにこんな感じだったら面白そうだよなー

どうですかね?F監督!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

ギルバート・デュランダル

今日のSEED-D祭はデュランダル議長とこれまでに書かなかったキャラ達w

まずは本作品のマスコットであるホーク姉妹。
序盤は積極的な姉が主にその役を果たし、後半は妹がその役を引き継ぐと言う、流れで、姉妹は揃ってその本来の役目を終えたようである。
ただ、姉ルナマリアについては少し複雑で、後半は主人公シンと家族を失う悲しさを共有する事になる。シン・アスカの時に、序盤の彼はカミーユ・ビダンとよく似ていると書いたが、最後のシーンも精神崩壊こそしていないが良く似たシーンに見える。
つまり、ルナ=ファとして見ると、今後2人は共に歩んでいくのかもしれない。

次にイザーク&ディアッカ。
前作に引き続き登場した2人。ザフト軍として戦う彼らだが、物語の中心が地上に対し、宇宙防衛の彼らの出番は多くなかった。それでも要所要所に顔を出し、その存在感をアピールしたのは、潜在的な2人のファンの為であろう。
ただ、最終戦闘でのイザークが、エターナルを「あれはザフトの船だ!」と呼び、護衛にあたらせた事は物語の重要なファクターであると思う。
良識を持った軍人なはずのに命令違反を犯すなんてイザークらしくない、結局アスラン達と共闘したかっただけ、と言う考えもあるだろうが、あえて彼の行動は正しいものであると私は思う。
彼の言葉はディスティニープランの否定であり、議長の暴走により提案されたこの計画は、人類の進むべき未来では無いと言ったのではないだろうか?
エターナルの行動こそ本来のプラント=ザフトが取るべき正しい道筋であり、ディスティニープランは実行してはならない。議長の暴走を止める事こそザフト軍としての正統な行動である!
彼のあの一言にはこう言った思いが含まれていたと思う。

最後にギルバート・デュランダル。プラント評議会議長であり、平和主義者。平和な世界を作る為にあえて混沌となる世界を作り出した、今作のラスボスである。
彼がひそかに進めてきた”ディスティニープラン”は、全ての人間の生まれる前にDNA情報を操作し、役割を事前に決定する事で、不平不満が出ない・争い事が起こらない世界を作る為の計画である。
こう言ったプランは既に過去のアニメ作品で多く取り上げられており、特異性のあるものではない。そして、そう言った世界では、確かに平和な世界となるのである。
ただ、そこに人間本来の持つ人間性というものは存在するのであろうか?こう言ったプランでは、必ずここが問題視される。人間性の統治で代表作となる”地球へ”は既にこのプラン(但しコンピュータによって管理されている)を実施済みであるが、実は人間性が失われる事への不安から、この世界への不信感を持つ人間をあえて少数作り出すと言う苦肉の策を取っている。
今回の作品では、その役割をオーブ(やラクス派)が負っていると言う事である。
実際に戦争が無くならないが人間性が保たれた世界と完全に管理された戦争の無い世界、どちらが正しいのであろうか?
日本人の多くは前者が正しいと言うかも知れない。しかし、これは今の日本が平和だから言えるのではないだろうか?
実際、現在の世界でも戦争が無くならない地域が多くある。そこに住んでいる人たちはどうであろう?毎日戦火に怯え、毎日、知り合いが・肉親が命を落とす状況で生活している人はどうであろう?
人間らしさなど無くても、命を落とす恐怖に怯えるより・肉親を失う悲しさよりと思ったとして不思議では無いであろう。
この為、デュランダルはあえて、コロニーを地球へ落とし(ここはデュランダルの仕業と言う確証は無いがそう見るのが自然であろう)、デストロイによる大量破壊を事前に止めずに、人々に恐怖を植え付けた跡に、これを破壊する事にする。実際はキラの駆るフリーダムが倒す訳であるが、これを利用しついでにザフトの正当性を訴え、又、人々から英雄視されることに成功する。
こうして策士デュランダルはディスティニープラン実行の準備を済ませるのである。
但し、ラクス暗殺については、デュランダルの指示では無いと考えている。ミーアと言う偽ラクスを使い人々の支持を得ていた事は確かであるが、だからと言って本物のラクスを殺す必要があるとは思えない。
ちょっとした調査をすれば、彼女が再び表舞台に立つ意思が無い事がわかる筈だからである。まして、そばには常にスーパーコーディネイター”キラ・ヤマト”がついているのだから、そんな無理をして返り討ちに合う危険性を冒す必要があるとは考えないであろう。
むしろ、本物が出てくる前にと考えた、デュランダル派の下っ端(ミーアの監視をしていたサラとか)が勝手に行動を起こしたと考えるのが自然だと思う。
但し、ラストを見て違う感想も持ったので、そちらについては後述する。

ちなみに、方法は違うが、同様の事をしようとしたガンダムがある。ネオジオンのシャア・アズナブルである。
実際には、宇宙世紀では簡単に書くと、人類が宇宙へ出る→ニュータイプになる→人が分かり合える→戦争無くなると言う認識があった。(今となってはこの思想にも疑問が残るが・・・)
つまり、地球に固執する、一部の上流層こそが問題であると言う思想である。そこで、シャアは地球にアクシズを落とし、冬の時代にする事で地球上の人間を一掃する事を考えたのである。
ただ、シャアはそんな自分を止めてくれる事を望んでいた節もある。あえて新技術のサイコフレーム技術を連邦に流し、あえてアムロとの一騎打ちを望むなど、策士としての常識を逸脱する行為がそれである。

一方のデュランダルはどうであろうか?
最終決戦時、起動要塞メサイアに乗り込み、破壊されるメサイアに一人で佇む彼も同様に、誰かに倒される事を望んでいたのでは無いだろうか?
こう考えると、ラクス暗殺も、自分を倒すものを求めて、あえてキラ達を自分の敵に仕向けたと言う考え方が可能となってくる。
人類の平和の為にはディスティニープランしかない。しかし、それは本当に正しい事なのだろうか?自分の正当性をあえて試す為に最強の力を持つキラ達を自分の試練として与えたのでは無いだろうか。
奇しくも両者の声優は”池田秀一”である事も偶然では無いのだろう。

あえて、敗れる戦いに赴く司令官と考えると彼も戦争の犠牲者であったのかもしれない。
もっと深読みするならば、人類の改革のために、あえて自分を犠牲にし、人類に警笛を鳴らしたとも考えられる。
最高の好敵手であるアムロと共に最後を迎えたシャアと、最愛の女性と自分を慕う子供のような存在と共に最後を迎えたデュランダル、どちらが幸せだったのだろうか?

こうして5回に渡り、登場人物の行動を脳内保管してきた訳だが、やはりこの作品は続きがあると思える節が多すぎる。
SEED-D祭最終回の明日は、あえて、次回作を考証していこうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

キラ・ヤマト

今日のSEED-D祭はキラ達AAで。

キラ・ヤマト。人類の最高点に位置すると言っても過言では無いスーパーコーディネイター唯一の成功体。
全ての能力において通常の人間を大幅に上回り、能力を調節して生まれたコーディネイター全ての能力を併せ持つ、ある意味人間の理想像とも思われる存在。
前大戦では、その能力をフルに活用して、世界の破壊を目論むラウ・ル・クルーゼの行動を阻止した彼であるが、その後は隠遁し、孤児院にてラクスと共にひっそり暮らしていた。
1stのアムロはその能力ゆえ、自軍に恐れられ軟禁される結果となったが、キラの場合、それを察知し自分から表舞台より消え去ったのであろう。
ラクス暗殺事件により、プラントに不信感を持った彼は、再び剣を握る事となる。
ラクスについても同様であるが、この2人、前作から大分変わったように感じる俺は変であろうか?

前作の彼らは、あくまで平和のために、降りかかる敵を払っているように感じた。戦闘時そのものは同様であるが、それでも戦闘すること自体に、本当に自分達は正しい事をしているのか?と言う戸惑いが見られたように思う。
しかし、今作では戦う事でしか得られないものがある。その為には力を持って行使する事も間違いではない!となっていなかったであろうか?
別にその事自体が正しいとか間違っていると言うわけでは無いが、彼らの本来のスタンス、と言うか、SEEDから引き継いできた彼らの本質が変わってしまったのではないだろうか?
人生を達観してしまったと言うのは簡単であるが、彼らの意識の変化は、次作(があるとすれば)大いに興味があるところである。
ラクスについては、前作よりそう言った場面が幾つか見られたが、今作では、それを表面に出してきている。
特に「戦っても良いのです」の言葉は、これは、特に戦闘しても良いと捕らえるのではなく、人間の人生にはいろいろな場面で戦う必要があり、時には親友と、時には自分との戦いが必要でそれを経て人間が進歩・成熟して行くと捕らえるべきではあろうが、彼女からこうした言葉が発せられたのはある意味驚きである。
なにせ、常に相手には自分自身で答えを出す事を強いるw彼女の言葉とは思えないからである。もっとも、これは全てを調整したディスティニープランの世界を真っ向から否定する為に使った言葉とも思えるが。
キラについては、その感じは薄かったのであるが、最後の、キラとデュランダルの対峙シーンで、デュランダルの今後も続くであろう混乱を指摘された際に、これからも戦うと言ったキラの言葉は、隠遁した前対戦終了後とは違い、表立って行動する意思を示したと考えられる。
次作(があるなら)には、この辺を生かして欲しいと思うものである。

カガリ・ラクス・キラが世界の表舞台に出ることを改めて決意し、AAもオーブ軍に編入された事を考えると、今後の世界ではオーブが中心となった世界作りを進めて行くのであろう。
混乱の世界をオーブがどう対応して行くのか、楽しみな展開である。

AAのメンバーは、今後オーブ軍として戦うのであろうが、ネオ・ロアノークについてだけ、ちと疑問が残る。
結局はムウ・ラ・フラガであった訳であるが、彼は連合軍特殊部隊”ファントム・ペイン”の元隊長であり、オーブと敵対関係にあり、実際オーブに多数の被害を与えた張本人となる。
今作品中では、戦時下であり、貴重な戦力と言うことでこう言った事に不問でAAに乗り込んだ訳であるが、今後もAAに乗ることは適当であろうか?答えはやはりNOである。
正確には、オーブ軍として残るのは不適切であろう。元首であるカガリの意向により、罪自体は不問とするにしても、オーブ軍兵士としてはやはり違和感が残るであろうから。
実際、レクイエム破壊時に∞ジャスティス+アカツキが向かったわけであるが、ムウの「ムラサメ1個小隊続けー!」の言葉に従った、オーブ兵は居なかったように思うw
但し、彼についてはマリュー・ラミアス艦長との絡みもあるので、AA自体がどう言う扱いにするかが難しい所である。

他のAAメンバーとして、マードックやミリィ等、登場人物が多すぎた為、後半全く出番が無いと言う状態が続いた事は非常に惜しまれる。
特にミリィは、アスラン復帰以降はメイリンとキャラが被り、著しく出番が無くなってしまった。
俺はメイリン好きなので問題ないが、せっかく出てきたキャラが、居るのに出てこないと言うのはやはり惜しまれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

レイ・ザバレル

SEED-D祭3日目の今日はレイやタリアと言ったミネルバからの視点でw

ザフトの最新鋭艦であり、ニューミレニアムシリーズ(ザクとかグフとか)を上回る新型ガンダム4機の運用試験を兼ねた強襲揚陸艦”ミネルバ”。
MSエネルギー充填用デュートリオンビームや陽電子砲タンホイザーと言った、新開発技術を投入されているこの艦には当然ザフトのエース級の兵士が乗員していると考えられる。
その一人がレイ・ザ・バレルであり、デュランダル議長の懐刀である。
物語終盤で自身が語る通り、彼はムウ・ラ・フラガの父アルダ・フラガのクローンであり、前作のラスボス”ラウ・ル・クルーゼ”と同じ存在であった。
ただ、ラウがその事から世界を呪い、全てを破壊する事を目指したのに対し、レイはデュランダル議長の目指すディスティニープランによる、自分のような存在を2度と生み出さない世界を目指したのは大きな違いである。
実際、前作でキラが生み出されたメンデルで、キラとラウが対峙した訳だが、今作でレイはエクステンデットの研究室で気分が悪くなるという現象が出ている。又、シンがステラを連れて逃走する際に協力的な事からも、彼がエクステンデッドを含む自分と同じ境遇の不幸な者たちを哀れんでいるものと推測できる。
作品中に語られていないが、ムウの父は大富豪であったようである。その財力に物を言わせヒビキ博士に自分のクローンを作った。一方のヒビキ博士は自分の理想であるスーパーコーディネイターを作る資金を得るために、クローンを複数創った模様である。
外伝であるXAstrayにも同様のクローンであるブレアが登場していることから、まだ存在している可能性は高い。又、同外電にはスーパーコーディネイター”キラ・ヤマト”完成までの試作品とも言えるカナード・パルスも登場している。
レイはこう言った者達、全ての代弁者たろうとしていたのかも知れない。その結果、そう言った者達の犠牲の上に生まれているキラ・ヤマトは許せない存在であった。ただ、これは本来キラではなくヒビキ博士に向けられる怒りであり、その事自体レイは気づいていたのではないであろうか?
しかし、ヒビキ博士は既に存在せず、キラに怒りを向ける事で一時的に心の平静を保っていたのでは無いであろうか?
そう、キラ自身が望んでスーパーコーディネイターとして生まれたのでは無いのだから・・・
最終決戦時にキラとの会話の中でその事に改めて気付かされたレイは、迷いを持ち、キラに撃たれる。そこで、議長の言うディスティニープランが自分の望むものでは無い事に改めて気付いたのでは無いだろうか?

ミネルバでもう一人、物語の鍵を握っていたタリア艦長。
彼女はデュランダル議長の元恋人と言う設定であり、プラントの少子化対策のためにその中を引き裂かれている。
その後、別の男性と結婚して子供をもうけているが、ギルへの愛情は消えることは無かったのではないか?と思われる。ザフトの中で、ギルの危うさに最も早く気づいていたのではないかと思われるが、プラント評議会議長とザフト兵としての立場、好意がありながら別れざるを得なかった境遇を自身で消化する事が出来ず、ギルとの距離感が曖昧のまま時が過ぎて行ったのではないだろうか?
ギルの暴走にいち早く気付きながら、それを止める事が出来なかったと言う自身の思いが、最後の行動へと繋がっているとしか考えられない。
議長の言葉に従いAAとの決戦に赴き、敗れるわけであるが、この時点でザフト兵としての使命を終えた彼女は、自身の思いを遂げるためギルの元へ向かったのであろう。
そして、レイに撃たれたギルと共に自分の本心として愛するギルと最後を迎える決意をしたのでは無いだろうか。
最後の時を愛するギルと2人きりでなく、レイを含める訳であるが、これはタリアの母性であろうか?

レイは、ギルのディスティニープランが自分の望んだ世界では無いと気付いた。そして、自分と同じ境遇でありながら、未来へ向かって生きようとするキラに共感を抱いた。
レイは混乱のうちにギルを撃つ訳であるが、自分の行動が正しいと理解してはいなかったであろう。クローンとして生まれ、父母を知らなかった彼はギルを父のように思い慕っていたと思われる。
レイとラウのDNAが一緒でありながら行動思想が違う理由は生育環境の違いであって、生涯孤独であったラウは破壊による終わりへ、父(の代わり)が居たレイは未来を見る事ができたのだと思う。
その事に気付いていたタリアはレイを迎え、愛するギルとその子供と3人での最後を迎える事を決意したのでは無いであろうか?
レイに対して、優しく抱擁する事で、「あなたは悪くない。正しいことをしたのよ」と伝えた。
その結果、レイはタリアの思いを受け入れ父ギルバートと母タリアと共に家族3人で最後を迎えることを選んだ。
悲しい結末ではあるが、レイは残念ながらテロメアの短いクローンであり、その余命が少ないことは自ら認識していた事を考えると、3人にとっては望むべき最後だったのかも知れない。

但し、タリアと子供の関係がはっきりしない所もあり、タリアの結末がこれで正しかったのかは分からないが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

アスラン・ザラ

今日も引き続きSEED-D祭でw

シンと並び、本編のもう一人の主人公と思われるアスラン・ザラであるが、物語冒頭ではオーブ代表カガリ・ユラ・アスハのボディーガードとして偽名を使い登場してくる。
但し、それなりの人は皆分かっていたようであるがw

物語の展開上仕方ないのだろうが、彼のザフト復帰にはいささか疑問が残る。
前作でキラやラクスと理解し合い戦争終結に尽力し、平和な世界を築くべくオーブへ渡ったと思われる彼が、結局武力による敵殲滅の陣頭に立つと言うのはどうであろう?
この事が、今作の全ての元凶に思えて仕方ならないのだが・・・・w
前大戦で父を撃ち、強硬派を崩し和平への道を開いた彼が、ザフトでは英雄視されている事にも疑問が残る・・・

ザフトに復帰した彼であるが、インパルスと並ぶ新型MSセイバーに乗り込むにも関わらず、その戦果はあまりにも惨いものであった。本当に前大戦の英雄なのか?とのシンの思いは当然であっただろう。
やはり、力で解決する事を選んだ自分に戸惑いがあるのではなかったのでは無いだろうか?
その結果、親友?戦友?盟友?のキラ・ヤマトとの再会、恋人?である、カガリの心中を知った彼はその思いを強くし、信頼を持っていたギルバート・デュランダルに疑問を抱く事になる。
自分の行動に疑問を持った彼はいっそうダメダメな人間となってしまう訳であるが、結局はザフトを抜けオーブ(アークエンジェル)陣営へと寝返る訳であるが、この展開が本当に惜しいものであったと思うのは俺だけではないであろう。
昨日も書いたが、彼こそがシンを輝ける未来へ導ける可能性があった唯一の人間であり、このタイミングでのシンとの別れは、シンの今大戦中の未来を奪う結果となってしまったからである。

シンと前作のアスラン、、、この2人、置かれた状況に大分違いはあるが、近しい心情を持っているのではないかと考えられる。
戦争を終わらせる為に軍に志願しながらも、戦争のやるせなさを知ってる。前作のアスランは多くの仲間によって、その虚しさを教えられ未来を見つめる事が出来るようになった。
つまり、今回のシンを同じように救えるのはアスランだけだったのではないか?他にシンの周りに居た人間と言えば、
デュランダル:後日記載すると思うが、壮大な野望を持ち、そのためには氷の心を持つ決意がある。
レイ:議長と共に野望を持っている為、同様
ルナ:マスコットだしw
タリア:後日記載すると思うが、基本的に過去を背負い自分の行動を決めきれていないと思われる。
と、やはりそう言った役が可能な人物は登場していない。可能性が合ったとすれば、アスランと絡ませたTMRハイネとの絡みが無かったのが惜しまれる。

寝返ったとたん、強固な決意で英雄時代に戻ったのは理解できなくも無いが、その心を持ってシンに当たっていればこの作品は違う結末を迎えていたであろう。まぁ、今更言っても仕方ないが^^;
最終決戦では、シン&ルナと対峙し2人を退け、その上、レクイエム破壊と言う大仕事までやってのけた彼は、再び生きる英雄となったのであろう。。。。

さて、最後の対決でシンに呼びかけた彼の言葉はシンをどう変えたのであろうか?
そして、アスランはシンを本当はどう思っていたのであろうか?

サイドストーリーである、THE EDGEを読んでいれば分かるのであろうか・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

シン・アスカ

先週末で終了したガンダムSEED-Dですが、俺が見に行ってるBBS関連は例外なく異様な盛り上がりですw
殆どのBBSで週末からの書込みが1,000件超えるか!と言う凄まじさ!まぁ、殆どが・・・・・・・・・・・批判的内容である事は言うまでも無い!w

そんな中、俺のブログでは、今週はガンダムSEED DESTINY終了記念として、SEED-D祭開催しますw
批判的な意見が多いSEED-Dですが、あえて!脳内保管で作品をまとめてみよう!w
まぁ実際、このブログには響鬼以外には殆どトラバも無いのでSEED視聴者が見てるとも思えないんだがねw

とりあえず今日は、主人公「シン・アスカ」から見たSEED-D感想。

前大戦時にオーブで暮らしていた一家の長男であるシン君は、アズラエル率いる連合軍のオーブ侵攻の際にフリーダムVSフォビドゥンの戦火に巻き込まれ、自分以外の家族を失った。
この時の光景(特に強調されたのは最愛?の妹マユ)が、彼のザフト軍入隊のきっかけとなり、そして、今大戦への参加理由、そして最終戦闘までの戦闘意欲として引き継がれている。

中盤では、連合のエクステンデットであるステラと恋?に落ち、彼女を守る事を戦闘意欲とする事もあるが、その意思は無残にもステラの死と言う最悪の結末を迎え、結局は復習の為に最後まで戦う事となる。

この辺までは、奇しくも(と言うか狙ったんだろうが)物語序盤のキレっぷりと良い、現在劇場版3部作で盛り上がってるZガンダムの主人公であるカミーユ・ビダンと同様な現代の若者の心を移したキャラだったように思う。但し、その後の行動は・・・・

ただ、BBS等で盛り上がってる、シンがステラを逃がした性でデストロイによる大量殺戮が発生したのだから、シンの行動はおかしい!との見解にはいささか疑問が残る。
結果としての部分で間違いは無いのだろうが、好きな女性が死に行くのを目の当たりにして、どうせこの後、破壊活動を行うのは目に見えているのだから、彼女はここで見殺しにするべきだ!と思う人間ってどうだ?
まして、彼女は戦争の為、人為的に作られたエクステンデッドであり、戦争の犠牲者と言う意味でシンの家族と同等なのである。
これは、物語ラストでレイがクローンであると告げられた時も同様であり、シンは戦争の被害者であるステラやレイに必要以上に親近感のようなものを沸かせていたと思える。

結局、ステラは大量破壊を止めに来たキラ・ヤマトに殺される訳だが、ステラを殺したキラを逆恨みするシンの思想や行動は間違っているのだろうか?
現在の国際的(先進国と限ったほうが良いかも知れないが)な風潮や、日本の憲法では思想は自由であるが行動を起こすのははっきりと間違いであると言えるかもしれない。
しかし、人間ってそんなに利口で理性的であるだろうか?ましてやシンが10代の少年であるとの設定を考えると、正しい行動とは言えなくても、共感できる部分があるように思える。

そして、遂にシンはキラ・ヤマトが駆る最強のフリーダムを倒す(あえて卑怯とは言わない。戦場で最も効率の良い方法を選択した戦士であると言えるだろう)訳だが、ステラを殺したキラは倒した!そして家族を奪った戦争の元凶である軍需産業体ロゴスも滅亡させた!しかし、彼に残ったものは・・・?

その後は自分の役割を求めて議長の言葉に従い、戦死としての自分の居場所を探していた様に見える。
一方、ステラを守る!その後はルナを守る!と言った発言は自分の意志で決めた自分の居場所なのではないだろうか?
全ての人間に生まれた時から役目を与えると言うディスティニープランに、前者は肯定的な思想であり、後者は相容れない事でもある。
但し、最終決戦の時点でもシンの思いは定まっておらず、この事が主人公としての資質を疑う意見が大勢を占めている原因であると思われる。
見方によっては、シンこそがデスティニープランに対する評価のようにも見えるが、この件については後日改めてw

最終決戦時、アスランと対峙し敗れるシンであるが、この時アスランは「何時までも過去の為に~」「~未来まで潰す気か?」と言った内容の会話をしている。
それ以前のアスランとの対決時にも「おまえの欲しいものをよく考えろ」的な会話を行っており、本来シンに道を教えるべきはアスランだったのだろう。
但し、最終的には敵味方となってしまった為、こんな結果となったんだろうが・・・

撃墜されたシンは共に撃墜されたルナと、最終戦闘がザフト(議長)の敗北を目撃する。
ここでシンは号泣する訳であるが、ここで一言の言葉も発しない為、この涙の意味は今知る事は出来ない。
色々と憶測する事は出来るが、あまりにもケースが多すぎてここに書くには不適当と思える。

物語後半はすっかり主役の座をキラ・ヤマトに奪われた彼であるが、彼が主役に相応しかったかどうかの評価は、涙の真の意味を知る事が出来る時まで待っていようと思うw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

恋人達

仮面ライダー響鬼は今日から新OP!しかし、、、、又布施なのか!w先週までの布施祭りはこの布石か?!
別に布施明が嫌いって訳じゃない!前のEDも好きだった!でもさ、、、、OPってどうよ?
∀のヒデキ以来の衝撃でつ・・・・

しかも今日の響鬼さんは「恋する鰹」?w
なんじゃそりゃ!w

まぁ、登場人物達の心理的部分を表に出した回ですな。

轟と日菜香はどうでも良いとして、”モッチー”
友達から預かった手紙を渡した&その感触を確かめる為に一緒に帰ったとか言うオチである事を激しく期待する!
モッチーに明日夢君が似合うとは言わんが、桐矢よりはましだろ?
つうか、響鬼さんとの絡みで一時変化が見られた明日夢君はどこへ?なんか、ヘタレ路線まっしぐらな感じが・・・・orz

ってーか、響鬼さんも微妙?
料理が不味いのは良いとして、その前に任せとけ!見たいな事言ってなかったか?あの時、「そこそこね」みたいな返事しとくのが響鬼さんっぽいと思うのは俺だけだろうか?

しかし、今日はなによりもあきらちゃんだな!
せっかく、ちょっと前の話で変ってきたはずなのに、進歩の無い自分に嫌気がさしてるみたい・・・一人だけ恋の話で無いのは仕様か?w
しかも、あそこで転ぶか?wしかもしばらく足引きずる程の怪我・・・・痛々しくて見てられんよ。。。
よっぽど精神状態が悪くてって言う風に受け取れば良いんだろうか?

早くあきらちゃんの笑顔が見たいが、やっぱ鍵は明日夢君だよな?
ヘタレてる場合じゃねーべ!明日夢!しっかりしろYO!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月 1日 (土)

望んだ未来なのか?

SEED-D 「最後の力」

一年間のシリーズであるガンダムSEED DESTINYも今日で最終回!

結局、メインキャラで死亡は議長/タリア/レイぐらいか?
最後まで根強い死亡説のあったシン・ルナ・ドム3人組も生き残ってたな。

1年のまとめは後日に別枠でやるので、純粋に今日の感想は・・・

訳分からん!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »