« やっぱ目は大事よね♪ | トップページ | さようなら、あきらちゃん・・・・ »

2005年11月25日 (金)

ジョブって・・・

ファイナルファンタジー講座第3回の今日はジョブについて。

今度の追加ディスクで”青魔道士”が追加されるとの噂(と言っても確定情報っぽいけど)ですが、FF-XIにはさまざまなジョブが存在します。
とは言いつつも、FF-XIのジョブは一般的なファンタジーの概念とかけ離れたジョブも存在しており、その辺の違いを含めて考察してみます。

通常のRPGでもそうですが、装備品ってジョブによる制約がありますよね?
ファンタジーの世界では、通常この制約って意味があるのです。まぁ、FF-XIの場合ジョブチェンジを繰り返せるんで微妙ではあるんですが・・・

FF-XIで言うと戦士・シーフ・暗黒騎士あたりはあまり違和感無いんですが・・・

まず白魔道士・黒魔道士ってのはやはり違和感があります。
通常のファンタジーだと白魔道士ってのは僧侶(クレリック)です。僧侶は神の僕であり、神に代わって神の力を行使する役目です。この為、通常は癒しの力を得意とし、他にはゾンビ系を昇天させる力を持ちます(設定によっては破壊の神に仕えると破壊の軌跡起こせたりするけどw)。
一方の黒魔道士、魔法使い(ソーサラー)となり、触媒を利用し呪文(ルーン)により潜在的な魔力を開放し敵を攻撃します。設定によっては上位魔法(エンシエントルーン)等、異世界や古代の力を開放させたりします。
物によっては、魔法使いの他に精霊使い(シャーマン)が登場する場合もあります。この辺の違いは作品によって異なるのであまり説明はできませんが、多くは精霊(火の精霊サラマンダーや水の精霊ウンディーネ等が有名ですね)と交信し力を借りるって感じでしょうか?
ちなみに、FFの黒魔道士・白魔道士は多分、西洋の白魔術・黒魔術から来ていると思われますが、この場合、通常の解釈では白・黒の使える魔術は一緒です。便宜的に人の為になる魔術の使い方=白魔術、人に害をなす魔術の使い方=黒魔術と呼んでいるに過ぎません。その上、召喚術に関しても魔術の一環になりますから、これもちと違和感がありますし、、、

FFは1からこう言った概念がありません。ただなんとなく、白魔道士だから回復、黒魔道士だから攻撃って感じです。同じ魔法であるならどちらでも使えるべきだと思うのが俺の考え。
と言うのも、FF-XIの魔法って、スペルブックのようなもので覚えますよね?

本来、黒魔道士が攻撃的な装備を出来ないのは、呪文を覚える為本を読む時間が多い、又その触媒を用意する為に基本的には屋内に居る事が多く、必要最小限の筋肉以外を鍛える事をしない為です。
だから、ローブのような軽い鎧?しか着れず、スタッフのような軽い武器しか持てないのです。制約によっては、金属が魔法発動の妨げになる場合もあるので、両方の理由により金属鎧は着れません。
一方の僧侶は、神に仕える者として殺生は行わないのです。だから、刃物を持ってはいけません。武器も基本的には防御の為に使用するのです(この時刃があると相手を傷つける恐れがある)。魔法使い程ではないですが神との一層の融和を図る為、祈祷する時間が長いので、やはり筋力はそれ程ありません。なので、それ程重い防具は付けれないのです。
では、僧侶はどうやって敵から身を守るのか?
そこで神官戦士(モンク)が必要になります。彼らも神の仕える身分として僧侶と同様に刃物は持ちません。己の体を十分に鍛え相手を打ちのめすのです。
それを考えると、FF-XIのモンクは”格闘家”とか、”レスラー”とか”K-1ファイター”に名前を変えるべきだと思いますw

多分最初のFFの開発に当たってドラクエとの差別化を図ったものと思われますが、やはり最初が不味かったと言わざるを得ませんね。

でも、一番違和感があるのはナイトですね。つまり騎士です。騎士と言うことはどこかの国に使える士官であると言う事。FF-XIでは基本的にサンドリア・バストゥーク・ウィンダスのいづれかに属していますのでここはokなんですが。
騎士である以上、やはり装備は国から支給されたもの以外は装備するべきではないと思います。騎士の誇りは何処へ?って感じがするし・・・^^;
魔法を使える事に違和感があるのは上記の通りの理由から。あくまで魔法を使えるジョブと言う事であるなら、やはり、魔法戦士とするべきでしょう。人一倍の努力で体を鍛えつつも魔法を覚える。ただし、どちらもその道の専門家にはかなわない。。。。。あ、これってFF-XIだと赤魔道士かw
しかも、このナイト、英語表記だとパラディンとなってます。日本語だと聖騎士です。通常は騎士の上級職にあたります。上級騎士がそんなにいて良いんでしょうか?本来パラディンとなれば幹部です。幹部が普通にPT組んでそこらの敵と戦うなんて・・・
ちなみに聖騎士とは、アーサー王物語が初では無いかと思います。円卓の騎士の中でも特に魔獣との戦闘に貢献した者のみに与えられる、誇り高き称号。それがパラディンです。。。FF-XIだと安易過ぎると思うのは俺だけでは無いはず。。。

大分長くなったので、今回はこの辺で、他のジョブは機会があったら書きます。

|

« やっぱ目は大事よね♪ | トップページ | さようなら、あきらちゃん・・・・ »

「ファイナルファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/7295820

この記事へのトラックバック一覧です: ジョブって・・・:

« やっぱ目は大事よね♪ | トップページ | さようなら、あきらちゃん・・・・ »