« ふっふっふ・・・w | トップページ | マージ・マジ・マジ・マジーロ »

2005年11月 4日 (金)

エクスカリバー

更新止まってしまった^^;

さて、11月になったのであまりにも、纏まりの無いこのブログを何とかする為、これからは定期のネタを増やそうかと画策中w(←意味が分かりません?w)
その第1段として、プレイ中のファイナルファンタジーに登場する物の小ネタ披露をしようと思います。
基本的にファンタジーゲームなので、その出展は神話や民話、御伽噺と言った所が原点となっているのでその辺の紹介でも。

第1回の今日はFFに限らず、RPGゲームではあまりにも有名な”聖剣エクスカリバー”!
ちなみにFF-XIでのエクスカリバーの性能は次の通り

片手剣 D49 隔233 攻+20 追加効果:自分のHPに比例したダメージ ナイツオブラウンド Lv75~ 赤ナ

デュミナスと呼ばれる裏世界でドロップするレリックソードと言うレアなアイテムを、高価なアイテムで鍛えぬいた最終形態の剣らしい・・・ぶっちゃけそんなレアな装備見たことねーよw

で、その出展について。
エクスカリバーと言えばその所持者はアーサー王ですが、彼は5世紀頃のイングランドに実際にいた王をモチーフとした空想の人物とされています。
アーサー王伝説の中で、彼は12人の円卓の騎士と共に数々の遠征や魔物退治を行ったとされ、彼の手には常に聖剣エクスカリバーが握られていたとされます。
そのエクスカリバーは、それまで誰も引き抜けなかった「これを引き抜いた者は王となるだろう」と書かれた台座に刺さっていた名剣を引き抜く事に成功し、アーサー王が手にした剣・・・これがエクスカリバー!・・・・・と言うのはちと気が早いw
この時アーサー王が引き抜いた剣は”カリバーン”(又はカリブルヌス)であったと言われます。

先に、FF-XIではレリックソードを鍛えた最終形態がエクスカリバーと書きましたが、その前の形態こそカリバーン。カリバーンの性能は下の通り。

片手剣 D49 隔240 デュナミス:ナイツオブラウンド Lv75~ 赤ナ

では、アーサー王とカリバーン・エクスカリバーの関係は?
実は名剣カリバーンはペリノア王との決闘時に折れたとされています。この折れた剣を湖の精霊に収めると折れた剣が再び輝きを取り戻すのです。
これこそが”聖剣エクスカリバー”。実際は、カリバーンのような剣=EXカリバーン=エクスカリバーとなる訳です。

しかし、日本で一番有名そうな剣が海外産とは、、、、やっぱり、ファンタジーって中世ヨーロッパの雰囲気が似合うから仕方ないのかな?w

余談w
実は、アーサー王の物語の多くは12世紀以降に作られています。先にはもっともらしくエクスカリバーの云われを書きましたが、殆どが物語の矛盾点を解消する為の後付けの設定ですw
カリバーン→エクスカリバーの名前の変更も実際はスペルミスと言う説が一般的です。

でも、、、

それを言っちゃ面白く無いので、もっとも説得力のありそうな、上記の説を書いて置きましたw

|

« ふっふっふ・・・w | トップページ | マージ・マジ・マジ・マジーロ »

「ファイナルファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/6891802

この記事へのトラックバック一覧です: エクスカリバー:

« ふっふっふ・・・w | トップページ | マージ・マジ・マジ・マジーロ »