« ダイタンケンまで出たのかw | トップページ | 全ての幻想の星 »

2006年8月30日 (水)

星を見るもの

ガンダムSEED CE73-STARGAZER-の第2話がネットで配信されてるのすっかり忘れてました。

と言う事で早速視聴。

今回の目玉は何だろう・・・・・?

とりあえず、1話と違ってMS戦が始まりましたね。

1話のミリタリー的な展開から一気に変わって、アニメになってましたなw

そんなMS戦の中でも注目はやっぱ、ミューディーの死亡か!w

15分×3話なんで仕方ないけど、登場→死亡って早すぎ!!!

ミューディーのキャラクタ設定そのものが必要なのかどうかすら怪しい登場人物となってしまいました。

そんでもって、死に方そのものもなんと言うか、TVでやったら又苦情ものだったかも知れないね。

手・足を破壊され倒れるブルデュエルに群がるバクゥによって倒される訳ですが、その描写が死体に群がるハイエナが肉を食い散らかすみたいな・・・w

勝気な?陽気な?ミューディーが涙流しながら鼻水垂らしながら(←これは嘘ですがw)口元から血を滴らせながら「いやーーーーーー」と絶叫するシーンはなかなかの見所かも知れません。

ガツガツとブルデュエルをビームの牙で食らうバクゥは圧巻でしたw

でもさ、、、パイスー着ろパイスー!@メットも忘れるな!

と言う事で今回の見所は終了しました。

しかし、その後公式ページ見て思ったんだけど、ZAFTのメカ紹介にある”ケルベロスバクゥハウンド”ってあのシーンに出てたのか?

話的に最終話は宇宙にでちゃうっぽいからバクゥの出番は無いから、今回出てたんだよね?よく見てなかった・・・w

そして、主役機”スターゲイザー”も遂にその全貌が明らかに!!!

太陽風を使って航行する為のシステムが、あの後光だったのねw

そして、人工知能搭載とはいえ、実際には学習型のAIでしたね。要するにスペリオルに搭載されていた”ALICE”と同じ位置づけらしい。

キャラ紹介には401のパイロットも追加されていたんで、最終話はファントムペイン(ストライクノワール+ヴェデルバスター+スローターダガー?)VSスターゲイザーって事か。

いづれにしても、@15分で纏めるのは難しそうだね。。。と言うか本編同様グダグダで終わるのかw

追加情報でシャムス・コーザ・・・多分次回あたり死ぬコーディー同様の扱いの脇役キャラだと思いますが、この声をあてている神谷浩史氏が事故で入院したようです。なので第3話は代役になるそうですが、誰も彼の声を覚えていないと思うので問題ありませんwちなみに代役は宮野真守氏だそうです。

3人出たファントムペインのメンバーですが、結局ストライクノワールのスウェン以外はキャラ紹介すら必要ないキャラだったと思います。。。

しかし、いまだにキャラ紹介のトップにいるセレーネが主人公とは思えないんだけど・・・種死のシンと同じ扱いなの?w

|

« ダイタンケンまで出たのかw | トップページ | 全ての幻想の星 »

「ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/11681371

この記事へのトラックバック一覧です: 星を見るもの:

« ダイタンケンまで出たのかw | トップページ | 全ての幻想の星 »