« カブト 28 | トップページ | 1年経ったらしいぞ? »

2006年8月14日 (月)

熱闘甲子園

夏ですな。。。

毎年おなじみですが、と言うか興味の無い人は全く関係ないんでしょうが、甲子園の季節ですね。

昨日は我が郷土、宮城代表”仙台育英”高校の試合がありました。

残念ながら、6-3で同じ東北の、山形代表”日大山形”に敗れた訳ですが、、、

残念ですが、よくがんばったですよ。

6点は取られながらも、13個?(だっけ?)の三振を奪う好投、、、と言う事にしておこう^^

しかし、この育英の投手ですが、2年生なのよね。最速147km/hもすごいけど、何よりも、宮城県大会決勝の対東北戦は延長十五回を一人で投げぬき、226球を投げて引き分け。

翌日、再試合となった訳だけど、結局この日も完投して148球。。。

ぶっちゃけ、すごい選手だとは思うけど、これで良いのかね?

鉄腕と言うのは簡単だけど、ここまで高校生を酷使する大会の存在意義があるのだろうか?

高校球児にとって憧れの甲子園。確かに存在は大きいんだろうけど、将来ある高校生の体をそこまで酷使させるのってどうよ?

確かに勝ち負けは重要だけど、学生の大会である以上、何らかの規制があっても良いと思うんだけどね・・・

でも、育英が負けた後、2年生エースに3年生達が声かけてたのが救いかな、、、なんて言ってたのかは分からんけどw

|

« カブト 28 | トップページ | 1年経ったらしいぞ? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/11432298

この記事へのトラックバック一覧です: 熱闘甲子園:

« カブト 28 | トップページ | 1年経ったらしいぞ? »