« EVE最新作 | トップページ | ボウケンジャー Taks28 »

2006年9月 9日 (土)

ドラよけお涼最新作

さて、、、

若い頃は読書少年だったkazune様。

社会人になってからも、暫くは趣味:読書とプロフィールに書いてましたが、さすがに何年か前からさすがにこれは【嘘】だなwと言うことで書いてませんがw

そんな中でも、新刊が出るたびに欠かさず読んでいるシリーズがあるです。

「薬師寺涼子の怪奇事件簿」シリーズですね。

銀河英雄伝説で有名な田中芳樹氏のシリーズですが、金田一少年の事件簿と違うのは”怪奇”が付いているあたりです。

現代が舞台で主人公が事件を解くのは一緒ですが、特別なトリックを明かしたり、アリバイを崩したりと言った一般的な推理小説とは全く別物です。なぜなら、事件の背後には”怪奇”・・・そう、魔物や魔術があるんだからw

田中芳樹氏と言えば、先に書いた銀英伝や創竜伝あたりが有名だと思いますが、これらの作品とは一線を画していますね。と言うか、銀河英雄伝説のような壮大さも、近年手がけている中国シリーズのようなうんちくも一切ありません。(※注1)

どちらかと言うと、数年前に完結した魔術シリーズ(夏・秋・冬・春の4巻で完結)や現在は一条理希さんが執筆している(2巻までは田中氏が書いていたが3巻以降は原案だけで、執筆は同氏が行っている)自転地球儀世界系の作品になってます。

更には1巻完結の物語なので他の作品よりも更に読みやすい、と言うか続き物は次の巻が出るまでに前のストーリー忘れちゃうしwと言う辺りがお気に入りなところですなw

物語は全編に容姿端麗・頭脳明晰・文武両道・眉目秀麗・傍若無人(?w)な主人公”薬師寺涼子”警視(通称:ドラよけお涼=ドラキュラさえよけて通るの意味)がその類まれな行動力と運動神経、知識、人脈、財産(w)を使って事件を解決していくと言う物語。

このシリーズは「摩天楼」に始まり、「東京ナイトメア」「巴里・妖都変」「クレオパトラの葬送」「黒蜘蛛島」「夜光曲」と刊行されていましたが、つい先日新刊が発売されておりました。

前置きが長いですが、と言うか、いつものkazune伍長のブログもそうなんですがやっと本題にw

ドラよけお涼シリーズ最新刊は「霧の訪問者」で、8月25日に発売されてますお。

なんと、遂に涼子のライバル?が登場ですお!

これまでの作品にも室町警視と言う本来の意味でのライバルが居るんですが、ちょっと意味が違います。

今回の事件の相手(と言うか普通は犯人と呼称するべきなんですが、この作品ではあくまで敵役と言う事で俺が勝手にこう呼びますw)は米国版ドラよけお涼!w

傍若無人同士の鍔迫り合いは読んでてなかなか面白かったです。(作品中の本人達は決して一緒にされたくないでしょうがw)

しかし、最初に主人公は薬師寺涼子と書きましたが、と言うかまぁ誰が読んでも、作者自身もそう思って書いているんでしょうが、真の主役は泉田君だと思う。に10,000ペリカ!と思っているのはボクだけじゃないはずw

尚、このシリーズはマガジンZで連載中でコミック版も出てます。漫画版もなかなか面白いですよ。

あー、今思った!この作品って、映画向きだと思うんだがどうかね?映画が無理ならVシネマでもw

ちなみに涼子さんはツンデレじゃなくてツンツンですw

あ、でも室町警視はちょっとツンデレかもw

※注1:作品中のうんちくはある意味多いんですが、それらの殆どが怪奇もの、、、神話や民話と言ったもののによることが多いです。

せっかく覚えても現実世界では殆ど役に立ちませんのでご注意をwまぁ魁!男塾の民明書房と同じように考えればいっかw

|

« EVE最新作 | トップページ | ボウケンジャー Taks28 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/11806815

この記事へのトラックバック一覧です: ドラよけお涼最新作:

« EVE最新作 | トップページ | ボウケンジャー Taks28 »