« レンジャー達の歴史 | トップページ | 装甲騎兵 »

2006年10月18日 (水)

断空我

「我が心、空となりて悪しき心をを断つ」の意味な訳ですが、普通の人はさっぱりわけ分からんことでしょうw

80年代のTVアニメ「超獣機神ダンクーガ」の作中の意味だったりします。

当時、作品としてはぶっちゃけあまりヒットとは言えず半ば打ち切りと言う全38話の作品ですが、前の日記にも書いた当時の主役部隊”獣戦機隊”藤原忍(矢尾一樹)結城沙羅(山本百合子)司馬亮(塩沢兼人)式部雅人(中原茂)の人気により、OVAとして総集編+完結編が作られました。

それが「失われた者たちへの鎮魂歌」ですね。その後も今度はオリジナルOVAとして「GOD BLESS DANCOUGA」や「白熱の終章」

小説でも獣機神曲(白熱の終章の続編)が発売されたり、if的なダンクーガとしてコミック「超獣機神ダンクーガBURN」なんていうのもあったりします。

この作品、すっかりスパロボでレギュラー化してるので知ってる人も多いと思いますが、4機のマシンがそれぞれ戦闘機・戦車(ノーマルモード)/ロボット(ヒューマロイドモード)/野獣(アグレッシブモード)となり、4機が合体することでダンクーガとなります。合体は「獣を超え人を超え、そして今神となる」と言う事で超絶のパワーを発揮します。

ただし、合体するにはパイロットがアグレッシブモードを使いこなす必要があり、アグレッシブモードは野獣のような強い精神力が必要な為、獣戦機隊は4人とも人並み外れた強い精神力を持っているという設定。

しかも、獣戦機隊が4人揃うのが第5話、主役であるダンクーガが登場するのは第16話とスパロボやってるだけだと分かりませんが、合体までの道のりは果てしなく遠いですw

多分スパロボには登場していないダンクーガの母艦”ガンドール”(飛竜乗雲)が登場することでパワーアップしたりします。

他の特色としては、主人公のC.V矢尾一樹の出世作(この後ZZでジュドー役になる)であるとか、主題歌+ヒロイン(ローラ・サリバン)を元C.C.ガールズの藤原理恵(C.C.ガールズの前ね)がこなしてたりとかもあったりします。

この作品kazune様超お気に入りなんですが、今更なぜにこんな作品の説明をしているかと言うと・・・

葦プロダクションよりダンクーガ最新作の製作発表があったんですお!!!

詳細は殆ど触れられていない為、どんな作品になるのかは全く持って分かりませぬ。。。

但し、獣戦機隊のメンバーである塩沢氏がお亡くなりになっている為、単純な続編はありえませんがね。。。

さて、、、どんな作品になるんでしょうか?2007年以降と言うことなので、期待して待つお!!!

愛の心にて悪しき空間を断つ!名づけて断空光牙剣!やーーーーーーーってやるぜ!!

|

« レンジャー達の歴史 | トップページ | 装甲騎兵 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/12328447

この記事へのトラックバック一覧です: 断空我:

« レンジャー達の歴史 | トップページ | 装甲騎兵 »