« どぅーーーん・・・ | トップページ | ボウケンジャー Taks35 »

2006年10月28日 (土)

なぜならば!

公開から大分経ちましたが、と言うかもうすぐ公開終わっちゃう事もあって、やっと見てきました。

トップをねらえ!劇場合体版

感想としては、、、

と言うか、感想の前に、俺泣きすぎだから!!!w

1・2共に30分×6話=3時間を1.5時間ほどに纏めた訳ですが、纏めたと言うか、両作品共に1~4話で40分前後。5~6話はほぼカット無しと言う構成になってました。

つまり、、、重要なシーン以外は全てカット!!!

はっきり行って劇場版だけで楽しむのは難しいと思われます。

もっとも、一応話の要点は抑えているので話が分からないと言うことはほぼありません。むしろ劇場版で感じる不明点はOVA見ても明らかにならないし。

前半のおちゃらけたシーンがばっさりカットされてるので、逆に感情移入が難しいのではないかと思われます。

もっとも劇場版見に来るコアな客がOVA見てないとも思えないのでこれはこれで良いんだと思うけど。

という事で、特に1は感動シーンのオンパレード。

始まったと思ったら、るくしおんの帰還→スミス未帰還→ガンバスター出撃までが一気に終わります。ここまでくれば後は太陽系絶対防衛ラインの死闘と銀河中心殴りこみ艦隊の最終決戦を残すのみ。あのシーンで泣かない方がおかしいだろ?俺的に。

という事で1見てる間は泣きっぱなし。

1が終わって5分休憩後、2が始まる訳ですが、こちらも多分OVA見てないと分かり使い。ノノがラルクと出合ったと思ったら、いきなりタイタン、すぐに冥王星、で本当の宇宙怪獣復活!と事が運びます。後は例の重力源との戦闘。ノノ退却。そしてドゥーユミーズでの最終戦闘と進みます。

ノノが憧れるノノリリ=ノリコな訳ですが2作品を続けてみると、と言うかOVAも見終わった後に続けて劇場版を見ると、ノノ=ノリコ・ラルク=カズミと言うのがはっきりしますね。

正確にはノノ+ラルク=ノリコ+カズミと言う位置づけなのかも知れません。更に言うと1で重要な位置づけであるユングに相当するキャラが居ない分、ノノ+ラルク=ノリコ+カズミ+ユングなのかもしれません。

尚OVAで言うとトップレスには他にももうちょっと個性的なキャラが要て、ただ劇場版ではバッサリカットされてるので全く気づかないけど、例えばチコなんかはユングの役を担っていたのかも知れないけどね。

両作品ともOVAの編集版で小話のカットが多い為、若干会話に無理がある気もするけど個人的には非常に満足する作品だったね。

余計な話が無い分ストーリーも纏まってて息もつかせぬ展開だったと思う。11月頭の連休まで公開期間が延長されてるので興味のある人は是非見に行くべし!

|

« どぅーーーん・・・ | トップページ | ボウケンジャー Taks35 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/12438438

この記事へのトラックバック一覧です: なぜならば!:

» レポート1 トップをねらえ!&トップをねらえ2!合体劇場版名古屋編!努力と根性で450分間がんばりました! [気ままなそっち方面のお話]
http://www.eigaya.com/event/allnight-cin [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 18時04分

« どぅーーーん・・・ | トップページ | ボウケンジャー Taks35 »