« カブト 35 | トップページ | 1万年の夢の終わりに »

2006年10月 2日 (月)

STARGAZER STAGE-3

遂に配信されましたね。

最終話。と言っても15分なのでそれほど期待もしてないんですが、まぁ結局それなりの出来としか言いようがありませんw

予想通り、コーザ君は撃墜されましたwお相手はと言うと劇中でアストレイとは呼ばれてましたが、ちょっと形が違ったので公式HP見てきました。

UT-1D:シビリアンアストレイDSSDカスタムと言うらしいですね。

M1A:宇宙戦用アストレイの改修タイプらしいです。

このシビリアンアストレイの前で猛攻するも、熱くなってエネルギー切れに気付かず集中砲火でボッコボコにされるヴェデルバスター、、、カワイソス。。。いやあくまでバスターであってコーザ君は自業自得ですがw

そして主役機スターゲイザーはストライクノワールとの激しい攻防。両者譲らずに結局はゲイザーのエネルギー切れとなる訳ですが、その前に、あの太陽光推進システム:ヴォワチュール・リュミエールって戦闘でもすげーんじゃねーの?一般のパイロットとは言えまぁまぁの技術なんだろうが、連合のエースらしきスウェンと遣り合えるのはやっぱり機体のおかげっしょ。

最後は主役?のセレーネがストライクノワールを羽交い絞めにしたところへ加速用ビームを受けたゲイザーとともに、太陽系の外れへ吹き飛ばされました。

って、主役の見せ場はここだけですね。むしろスウェンの方が主役(な気もしますがw

あーこれって結局どうよ?

DVD版で発売される時には色々とありそうで楽しみだなw

|

« カブト 35 | トップページ | 1万年の夢の終わりに »

「ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/12122668

この記事へのトラックバック一覧です: STARGAZER STAGE-3:

« カブト 35 | トップページ | 1万年の夢の終わりに »