« ゲキレンジャー? | トップページ | ボウケンジャー Taks38 »

2006年11月18日 (土)

PS3発売、その後

先日発売されたPS3。どこも売り切れが多いようですが、実はSONYは1台売る毎に2万円程度の赤字が出るそうな。

何故に赤字を出してまで低価格で売るのか?

それは新製品この場合新技術にもなる訳ですが、ライバルとのシェア争いを勝ち抜くためですな。

特にPS3は次世代ゲーム機+次世代DVDの2面でのシェアを取る必要がある訳で、SONYとしては絶対に落とせない戦って訳だな。

実際、ここ数年はSONYブランドも大分失墜気味。かつては家電ブランドの代名詞と言われたSONYの面影は殆どありませぬ。

PS3がこけるとSONY存亡の危機と言っても過言では無いほどのダメージを追うことになるでしょう。

と言うことで、PS3のライバル動向を調べてみました。

なんか雑誌社の記事みたいでカコイイナ^^

まずはゲーム機としてのライバル。

これは任天堂Wii(ウィーと読みますがスタン・ハンセンとは一切関係ありません。。。多分)とMSのX-BOX360ですね。

中でも、異色を放つのは任天堂Wii。

TVコマーシャル等でもやってるけど、独特のリモコンコントローラーが特徴。

HDDやDVD再生機能を持たない他のゲーム機とは一線を隔す機能ですな。DSや64との連携機能を持つらしいけどね。

発想は面白いんだけど、個人的に気になるのはコントローラー。

少なくとも、ゲーマーと呼ばれる長時間プレイをする人達はあのコントローラーを好まないでしょう。なぜなら疲れるから。

あのコントローラー自体、動きを検出する=動かす必要がある。となると長時間プレイは現在のコントローラーが優れているのは必然。

となるとライトユーザーに如何に浸透させられるかがWiiの肝ってところでしょうか?

もちろん一番重要なのはソフトで、Wiiの特徴を生かしたソフトが何時?どれぐらい?発売されるかが鍵でしょうね。

次はX-BOX360。

こちらはマイクロソフト製と言うことでHD-DVD再生が可能です。別売りでHD-DVDユニットを買わないといけませんが。

日本国内では低迷するX-BOXの後継機ですが、実は欧米ではPS2・3のライバルとして本命視されてるようです。

こちらのコンセプトは基本的にPS3と同じ。つまり・・・

国内でX-BOXが天下を取ることは無いでしょう。日本人の国民性から言って。

せめて本体でHD-DVDに対応していれば別だったと思うんだけどね。。。発売時期が早いので仕方ないだろうけど。

ちなみにWiiが約2.5万円、X-BOX360が約4万円+HD-DVDユニットが約2万円となっています。

続いては次世代DVDのライバルHD-DVD。

ブルーレイもPS3の発売までは10万円とかえらい高価な製品しかなかったんですが、PS3で遂に5万円を切った訳です。

当然価格的にも対抗せざるを得ないHD-DVD陣営は、東芝が12月に5万円を切るHD-DVD再生機を発売すると発表しました。

でもさ、

そう考えるとPS3はゲームも出来るブルーレイ再生機?

安いな!と思えたり・・・だから売るたびに赤字なのかw

まぁ、買わないけど。

|

« ゲキレンジャー? | トップページ | ボウケンジャー Taks38 »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/12719004

この記事へのトラックバック一覧です: PS3発売、その後:

« ゲキレンジャー? | トップページ | ボウケンジャー Taks38 »