« 近況2 | トップページ | ボウケンジャー Taks44 »

2007年1月 6日 (土)

ル・シーニュ

んーとこのブログのメインコンテンツであったはずのガンダム関係の記事がここのところ全く無いということはどう言うことだ!

ん?そうなのか?とか思った奴!アナタ正解!

別にガンダムがメインじゃなかったや^^

でも仕方ないよね。TVシリーズの話は正式に何もないし、SEED劇場版の話もあまり進展ないし(公式HPに気になる画像があったりするが)、、、OVAとかの話も聞かないしねー。。。

とは言えガンダムが下火になった訳ではない!

っつー事で、現在怒涛の展開を見せている漫画の話でも。

但し、カズネ様月刊誌は購読していないので全て単行本版の前提で話してます。

現在ガンダムAで多数のガンダム作品が連載されている訳だが、その中でも特にkazune様お気に入りの作品は『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル(Ecole du Ciel) 天空の学校』。

NTの少女アスナ・エリマリートが主人公でデラーズ紛争後ぐらいから物語が始まります。第一部「MSパイロット養成学校編」第二部「ジオン残党編」が終了し、現在第三部「エゥーゴ編」に入っております。

作者は美樹本晴彦。マクロスのキャラデザで有名ですが、ガンダムでもポケ戦のキャラデザしてます。その他ガンダム小説のカバーや挿絵にも多数登場。ガンダムともなじみの深い方ですな。

現在の第三部では第一部で徐々に開花し始めたアスナのNT能力が完全になっています。それに対するのはティターンズのエースパイロットとなったエリシア・ノクトン。

エリシアは、第一部でアスナとともにパイロット学校に在学していたエリート。学校きってのエリートパイロットでありNT判定でもAランク(アスナは特A)だったが、(多分)好きだった同級生シン・バルナックがアスナに惹かれ、最後はアスナをかばって死亡すると言う現実から、激しくアスナを憎んでいる。

そして現在は強化人間としてアスナへの憎しみを増大させ、まさに最強のライバルとしてアスナの前に帰ってきたのである。

対するアスナはリックディアスで出撃するが、エリシアの駆るギャプランの前に大敗。

そして最新刊9巻ではアスナ専用のMS”MSS-008 ル・シーニュ”に搭乗しエリシアのギャプランを粉砕。

しかし、その後エリシアのギャプランもスペシャルカスタムとなっています。

ところでここで初登場した”ル・シーニュ”ですが、当然のようにガンダム顔してます。

機体の特徴としては多数のスラスターを複数の場所に装備した超起動性重視の機体ですな。

起動性とは言ってもこの時代のMAのようにHIT&WAYを前提とした猛スピードの為の機動性ではなく細かい動きの為の起動性。つまり紙一重で敵の攻撃をかわすような不規則な動きを得意とする機体になってます。

実はこのコンセプトの機体って数あるMSの中でも殆どなかったりする。

思い当たるものとしては、百式・F91(アクトザクも?)ぐらいかな?他のMSでスピード重視だったり大出力重視だったりデザイン重視だったりw

本編で語られてるけど”ル・シーニュ”とは白鳥座を意味します。百式と同様に非常にデリケートな機体であるがゆえに当初は”みにくいあひるの子”であったル・シーニュはアスナと言う最高のパートナーを見つけた事で白鳥になれたのかも知れません。

こうなると気になるのはル・シーニュの開発経緯。ただ、Z時代のMS系統って複雑で分かりづらいんだよね。。。

現時点で分かってるのは、ル・シーニュが月で開発されたって事。もちろんグラナダじゃなくてアナハイム(フォンブラウン)ね。

コンセプトから言うと百式の系列で考えるのが正しい気もするんだが、百式自体はもともとこのコンセプトで開発された訳じゃないからねー。可変MS作ってたら思ったより出来のいいものが完成したって感じだし。。。

となると、次に考えられるのがガンダムMk-2の系列か。コンセプトは違うけど、Mk-2⇒Mk-3の後に違うコンセプトのMk-3又はMk-4として開発された可能性は否定できない。もちろんNT用として。

なぜならばル・シーニュはバイオセンサー搭載機だったりするからね。

既にG-GENEでMk-4がインコム試験型として存在している雰囲気を微妙にかもし出してるがル・シーニュがMk-4の方が説得力あるよなw

ちなみに、この漫画キャラとストーリーでひきつけるタイプの作品だけど、結構設定にも通をうならせる部分があったりする。

まずはYMS-18プロトタイプケンプファー。アスナの幼馴染であるNTアキラが搭乗する機体ね。MGケンプファーの解説書に書かれてるだけの機体なんだけど、説明文をうまく表現したMSになってる。安易に新型MS設定するよりもこの方がガンダマーの心を揺さぶるよな?

もう一つはジャック・ベアードの登場。元地球連邦宇宙軍MS小隊”ジャック・ザ・ハロウィン”の隊長。富士急のアトラクション”ガンダム THE RIDE”に登場したのが初かな?

その後も「機動戦士ガンダム ファントム・ブレット」(電撃ホビーマガジンの企画)でガンダム試作0号機(ブロッサム)のテストパイロットを経てエゥーゴに入った事になるのか。

他にも「グリーンダイバーズ」にも登場してたはず。

彼を知ってる人も大分コアだと思うが、そんな彼を登場させるスタッフもコアすぎてスゴス。

kazune様的には今連載しているガンダム漫画の中では一押しかな。絵も綺麗だし。。。

という事で、読みたい人は身近であれば貸してもいいぞ!w(単行本既刊9巻)

|

« 近況2 | トップページ | ボウケンジャー Taks44 »

「ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/13225994

この記事へのトラックバック一覧です: ル・シーニュ:

» ラビットファー [ラビットファー]
もう冬も半ば。 すごい寒いですよねー。ラビットファーが大活躍な時期です。 今年は何かおうかなー なんて思いながらいろいろと考えてます みなさんは何を買いますかー? [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 20時10分

« 近況2 | トップページ | ボウケンジャー Taks44 »