« Pikachu The Movie | トップページ | 超獣機神ダンクーガ »

2007年2月21日 (水)

無念無想

ダンクーガ見てたら思い出した漫画。。。

以前にも書きましたがダンクーガは漢字で書くと”断空我”その名前には「我、空となりて煩悩を断つ」の意味が込められています。

当時と言うか正確にはもうちょっと前になりますが、似たようなフレーズを核心に置いた漫画がありました。

「ブラックエンジェルズ」

週間少年ジャンプで連載されていた平松伸二原作の漫画です。

内容としては(当時)現代の必殺仕置き人みたいな内容で、悪人を非合法に、、、って殺人なので当然ですが消し去るって漫画でした。

後半と言うか第2部になって変な世紀末漫画みたいになって第3部においては超能力漫画になりグダグダで終わっちゃったけど、それなりに人気のあった漫画だったと思う。

その物語の主役である雪藤洋士(メイン武器は自転車のスポーク)が苦戦した際、と言うか新たな敵→苦戦する→一種のパワーアップ的な場面での台詞が

「我が心既に空なり。空なるが故に無」

って言う奴があって。これって断空我と同じ意味だよなーとか思いながら、ダンクーガ見てたの思い出した。

これってつまり無念無想なのかな。仏教で言うところの悟りの境地らしいですが、それで強くなるって言う理解は如何なものかと思うがまぁいいか。

ちなみに同じ作者のその後の漫画で

「マーダーライセンス牙」

って言うのがあって、こっちも実は似たような内容。大きな違いは主人公牙(忍者)が殺人許可証(マーダーライセンス)を持っているって事か。

実はコイツも同じような技持ってて2人でそれやると”絶対空”なる必殺技が出るというある意味すごい漫画もありました。。。。

まぁぶっちゃけ続編はグダグダでお世辞にも面白いとは言い切れない漫画だったけどね。

|

« Pikachu The Movie | トップページ | 超獣機神ダンクーガ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/13998803

この記事へのトラックバック一覧です: 無念無想:

« Pikachu The Movie | トップページ | 超獣機神ダンクーガ »