« ムサシ隊員 | トップページ | メイオウ攻撃 »

2007年5月 9日 (水)

ロールプレイ

うーむ。

カズネ曹長は毎日がソロリーナ。FFってオンラインゲームだっけ?とふと思う事がありますが、まぁそれはいいや。

プロマシアミッションが残すところ@2BCのみなので早く終わらせたいのですが、なかなか誘われませんね。

誘われないのはやはりサチコメの性でしょうか?

PM8-3壷BC参加希望です。
黒のみ。

やはり2行目か!これがいけないのか!

ミッション関連の希望サチコメは一杯ありますがその多くが○・○・○可(○にはJOB)と最低でも2-3のジョブが書いてあるんですよね。

数あるオンゲーでも長くサービスしている=サービスに対して適切な金額で顧客がついていると言うとやはりFF11とROになるでしょう。両方とも常に批判には晒されていますが、サービス終了する気配は無いんだから、それなりには満足していると見るべき。

で、FF11の場合、その魅力は戦略性だと思います。

レベル上げの時点から、ある程度決まった形のジョブ構成を求められ、特にBCと呼ばれる特殊な戦闘においてはそれが顕著に現れます。

この事が戦略性に現れ、又、戦闘するためのパーティを組む際の制約=パーティを組む時点から戦略を必要とする事になります。

逆に戦略性=必要とされるジョブが場面によって異なる事から万能なジョブはありません。(多くの場合に活躍できる優遇されたジョブとあまり活躍の場がない不遇なジョブはありますが。)

こう言った戦略性を高める為のシステムが、ジョブチェンジシステムとサポートジョブシステム。

この2つのシステムは他のMMORPGでは見ない画期的なシステムですね。このシステムのおかげで高い戦略性が実現されていると言っても過言では無いでしょう。

特にジョブチェンジシステムはRPGの宿命であるレベルキャップに達しても、同じキャラで別のジョブのレベル上げられるという事で、長期間のユーザー確保と言う運営面での貢献も大きいと推測できます。

しかし、これは自分のような設定に興味がある人間。と言うか本当にストーリーを楽しみたい=本来のRPGである、仮想世界の住人になりきってプレイできるか?と言う部分で大いに疑問があります。

それまで、筋肉隆々で大きな両手斧を振り回していた戦士が、自分の部屋に戻った次の瞬間には魔導書を片手に持ったひょろひょろの黒魔導士になっている。。。。。なんか想像するとおかしくない?

まぁ脳内の話なので前述のケースで必ずしも筋肉がなくなるイメージは必要無いんですが、それでもステータスとしてVITやSTRは激減して、INTが増大すると言う事はそういう事だよね?

とは言え他のオンラインRPGを見回しても、こういった部分を主軸においたゲームはあまり見当たりませんね。

もっとも逆にそこを突き詰めていくと最終的にはUOみたいになっちゃうのかな?

国産でしいて言うならば、ファンタシースター系がその色が一番濃いんですが、それでも結局オフラインRPG程は感情移入しにくいですね。

個人的に結構に楽しめたのはファンタシースターブルーバーストだったような気がする。。。

あれでもう少したくさんの人で遊べるシステムだと良かったんだが、それとこれは実際トレードオフになっちゃうんだろうね。

と言う事で黒魔以外を75にする気は無かったりします。サポ用に色々なジョブを37にする気はありますが、あくまで黒魔のために!

と言う事で例え誘われなくても今後も黒魔のみ。のサチコメで参加希望出し続けますよ!

|

« ムサシ隊員 | トップページ | メイオウ攻撃 »

「ファイナルファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/15013183

この記事へのトラックバック一覧です: ロールプレイ:

» メトロイドプライムハンターズの特徴について [メトロイドプライムハンターズ情報]
メトロイドプライムハンターズの特徴は、 タッチペンとボタンを使って操作します。 この事をFPS(ファーストパーソンシューティング)といいます。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 20時02分

« ムサシ隊員 | トップページ | メイオウ攻撃 »