« 1周年 | トップページ | グレートマジンガーかよ »

2007年5月18日 (金)

ダンクーガノヴァ!

先週で最終回を迎えたダンクーガノヴァの総まとめでもしてみようか。

前作である超獣機神ダンクーガをリアルタイムで見ていた人なら気付いていると思うけど、やはり基本路線はそれ程変わっていないと思われる。

+αとして現代向けの要素が加えられた感じだろうか?

前作に無くて今作にあったものと言えば、やはり萌えかな?

ある意味前作にも、全く必要ない萌えキャラのローラ・サリバンが居た訳だが、一応本当は後半に重要な役割が与えられる事も検討されていたらしい。(序盤でシャピロと関係を彷彿させる複線が幾つかある)

とは言え結局その案はオシャカになったので単なるマスコット。それが、ノヴァでは更にパワーアップしてルゥ・リルリとして登場したわけだ。

後は前作が非常に熱いアニメだったのに対して、やはり今時それは望まれていないのかな?ちょっと、いや非常にクールなキャラクターとして描かれてましたね。

特に感じるのは整備担当。前作の整備と言えばゲラールの兄貴が思いつきますが、彼の亡くなるシーンは今でも印象に残ってたりします。(いつも日陰の・・・で始まる台詞はある意味名台詞だろ。)

それがノヴァでは巨乳のセイミーさんとは。。。

とは言え主人公達もセイミーさんも実は熱いものを持っていると思わせる演出が幾つかあって、まぁ前作の熱い血が全く抜けてしまった訳では無いのを見せてくれたのは良かったんじゃ無いかと思いますね。

但し、やっぱり話数の関係上イーグルのパイロットである葵以外に焦点を当てることなく物語が終了したところは非難される点かもしれない。

前作でもやはり忍が主役って感じはしたけど、だからと言って沙羅、雅人、亮を疎かにされたとは思えず、やっぱ4人が主人公だったし。

物語の流れ的なところでは、前作はいきなり正体不明の敵が現れて訳も分からずに戦う事になる⇒敵の正体が分からずに徐々に判明していく恐怖感みたいなのがあったんだけど、今作はそう言うのは無かったねぇ。

弱者の味方ダンクーガ!⇒ライバルRダイガン登場⇒でも実際には真の敵は別でダンクーガの存在意義も別にある。

まぁ謎解きみたいな感じ、とは言えそれ程難しい内容でもなく、良いか悪いかは別にして、最後まで意味不明で終わる設定に懲りすぎた最近のアニメ程難しくない内容って言うのは、今の視聴者を想定してちょっとだけ謎在り、だけどネタは難しくなくて最後には全部バラすって言うのはなかなか良かったね。

地上波でなくてアニマックス(DVD化も最初から視野に入れてただろうから)そう言った一般視聴者以外の部分、例えば前作をイメージさせる演出(飛竜乗雲や式部重工なんか)や他作品のパクリ?オマージュ?としてミンキーモモ、ゴーショーグン、グラヴィオンあたりを散りばめたのはある意味当たりかも知れない。

ただ、視聴者層を読みきってあえてやったのか、それとも予想外だったのかわからないけど、視聴者の多くが実際にダンクーガは見てない人が多いんじゃないかな?(この辺はブログ等を見た感じなので統計データって程正しいかどうか分からないが)

まぁ放送前の振りでスパロボで大人気とか言ってたからあえてなのかと思うけど、実際スパロボだと使い勝手が良すぎてスーパー活躍できるロボットだけど、このブログで何度も言ってるがリアルタイムの放送では人気不振で打ち切られたB級アニメなんだよね。

リアルタイムで放送見てない人からするとスパロボのイメージ=かっこいい人気アニメってイメージなんじゃないのか?

放送後人気が出たって言うのも、あくまで獣戦機隊と言うキャラクター=声優があってで、アニメとして質が高かった。そう例えばガンダムみたいな、マニアを虜にする何かが、アニメの中にあったとはとても思えない。

だから前にも書いたとおり、ダンクーガはB級アニメで、ダンクーガノヴァもB級アニメ。だけどGガンほどではないにしろ熱い。そう言うのが好きな人。そう俺みたいな人にはそこそこ楽しめたんじゃないかなー。つーか俺は楽しめた。

結局、色々な意味でダンクーガノヴァは初代の正統な後継作品と見て良いんじゃないかと思う。と言うのが俺の感想。

|

« 1周年 | トップページ | グレートマジンガーかよ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/15113060

この記事へのトラックバック一覧です: ダンクーガノヴァ!:

« 1周年 | トップページ | グレートマジンガーかよ »