« ガンクロを攻略しる!① | トップページ | ガンクロを攻略しる!② »

2008年1月23日 (水)

電王を振り返る

先週で終了した仮面ライダー電王!

毎週折角の休日の日曜に早起きしてまで1年間見続けた皆さんいかがだったんですかね?

個人的には始まってちょっとした頃だけ?となった事もあったけど、それ以外は本当に面白いライダーだったというのが感想。

昭和ライダーはやはり子供番組を意識した感が強かったけど、石ノ森作品に共通する、孤独を感じる主人公の路線はそれなりに表現されていた。

平成ライダーになってそれを更に強調した作品が作られ、その後はプラスの要素として人の成長って言うのがあったんじゃないだろうか?

ただし、2つの重い要素が入った事で子供には分かりづらい大人向けのライダーになってしまった感は否めない。

平成ライダーは全ての作品を見てないけど、その結果重い要素を消化しきれず555やブレイドのようななんだか今一すっきりしないラストの作品も生まれてしまったんじゃないだろうか?

響鬼で人の成長と言う要素を主人公以外(明日夢や息吹鬼や轟鬼等)に持たせる事でちょっとすっきりした感があったけど、逆に元々の要素である孤独感みたいなものもも主人公に読み取れなくなってしまった。

実際にはあるんだけど主人公が大人なだけにうまく表面に出てこなかった感じかな?

それをさらに昇華させたのがカブトで人の成長を加賀美に、孤独感をひよりと絡めた主人公に持たせる事で2つの要素をうまく表現できた良作だと思う。

その他の要素として子供の番組で絶対のヒーロー像はやはり必要なんじゃないだろうか?

当然最後には勝つんだけど、ブレイド以前の平成ライダーにはそれを感じなかった。

それに比べると響鬼、カブトはうまくそこも表現してくれた。

が、やはり大人向けの感性が強かった気がする。

そして始まった電王。

平成生まれで史上最弱のライダーの触れ込みどおり主人公の良太郎は弱すぎる。

仲間のイマジンの力を借りなければ絶対に敵に勝てない最弱ヒーロー。

でも、だからこそ主人公で人の成長を表現してくれた。

最強のヒーローでありながら最弱の主人公が成長していく。

しかも成長するのは心の強さ。

それが子供が見ても分かるように描かれていた。

ブレイドなんかも心の成長を描いてたと思うが、それは混迷を続けた末であり、子供には分かりづらいだろう。

いや、良太郎は元々心が強かったのかもしれない。それがうまく表現できなかっただけでね。

キンタロスもそう言ってたし。

そして、石ノ森作品のメインである孤独感。

これはハナ、ユウトを使い表現。

それ以外にもゲストや終盤には愛理・桜井と言った主要キャラ全てで表現し、最後には主人公の良太郎もそれを味わうと言うコンボ。

確かに正義のヒーローなんて最終的に孤独なのかもしれない。

人から異端者として扱われる訳だから。

そういう意味ではブレイドは石ノ森作品らしいのかも、、、

でもそれはやはり子供向けじゃないと思うんだ。

やっぱり、誰よりも優しい人、最後まで諦めなかった人、最後までがんばった人は報われて欲しい。

現実の社会はそれほど甘くないけど、そんなのもうちょっと後に知っても良いじゃないか。

スーパーヒーロータイムの視聴者想定層は3歳~小学校低学年。

この年齢ならやはりがんばったらハッピーエンドになるって知って欲しい。

そういう意味で何でモモ達味方のイマジンが消えなかったのかの意味は分からない。

最後のゼロノスカード使用で桜井が消えたのにハナが消えない理由も分からない。

ユウトが何処の世界に帰ったのかも分からない。

多分説明も出来ない。

でもそんな事いいじゃないか。

だって消えちゃったら悲しすぎるだろ?

それだけの理由でいいじゃん!

ただ、、、

最後までハナ(白鳥百合子)が戻ってこなかったのが残念でならない。。。

仕事復帰したっぽいんだけどな。。。

|

« ガンクロを攻略しる!① | トップページ | ガンクロを攻略しる!② »

「特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/17785887

この記事へのトラックバック一覧です: 電王を振り返る:

« ガンクロを攻略しる!① | トップページ | ガンクロを攻略しる!② »