« 存在の価値! | トップページ | 俺のターン! »

2008年2月22日 (金)

水妖日にご用心

久々にギレンの野望をお休みして、前に買ってた薬師寺涼子の新刊読みました。

「水妖日にご用心」

2日間で一気に読み終えましたが、今一だったかな?

なんと言うか個人的には盛り上がる部分が無いままに終わってしまった感じ。

何でだろう?

面白い事は面白かったけど。。。

最後の相手はこれまでの敵?と同じく伝説上と言うか空想の生き物。今回は半魚人と言うか半ワニ人間。西洋風に言うとリザードマンになるんだろうか?

室町警視も活躍するし、涼子や本編の主人公?である泉田君も大活躍。

警視庁が舞台となったり、非現実の舞台もいつもどおり。

が、なんかいつもと違う感じがするんだよね。

最後までワクワク感がないというか。

個人的な考察としては、今回の作品では2つの要素が好みに合わなかったんじゃないかと思う。

1つ目は敵の目的。

最初の標的となる王子がなんか小物である事。

最後の敵であるゴユダ(だっけ?)が既に人間でないと思われる事。

小物王子がゴユダに恋して盲目なのは良いとして、その結果の行動と心境が今一見えてこない。

ゴユダにしても同様で王女が父の国を取り戻したいと言うのは分かるけど、その悲壮感が全く無くてただの人食い怪獣にしか見えない。

これまでのシリーズでも人間性の無い敵も居たんだけど、それにはたいてい理由があって、人間性の無さが逆にその存在を物語っていたと言うか。。。

今回は確かにゴユダは強力な敵だったんだけど、存在感と言う意味ではどうも小物っぽい感じがした。

2つ目は涼子の言葉遣い。

奔放・傲慢な涼子らしさはいつもどおりなんだけど、なんか言葉遣いが下品に感じられるのが幾つかあった。

前からと言われればそのとおりかもしれないけど、どうしても気になる部分が何箇所か。。。

常に自分より上に居るものに対して不遜な態度を取るのはその通りなんだけど、その上で上品さみたいなのがあった。

今回も基本は当然そうなんだけどね、、、どうも気になる。

その他、時事ネタ、政治批判、国家権力批判の誇張表現はいつもどおり。

この辺は好みだろうけど、個人的には架空の話として読み飛ばしてるから気にならん。

全体を通しての感想としては、ちょっと不満ってところ。

次回作に期待ですな。

|

« 存在の価値! | トップページ | 俺のターン! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/40218110

この記事へのトラックバック一覧です: 水妖日にご用心:

« 存在の価値! | トップページ | 俺のターン! »