« ギレンの野望 エゥーゴ編まとめ | トップページ | ガンダム00 トランザム »

2008年3月 7日 (金)

マクロスゼロ

4月放映開始のマクロスFに向けて、未見のマクロス作品も見てたよ!

まずは現時点での最新作?となる「マクロスゼロ」

初代マクロスの前を描いたこの作品。

大筋は、ASS-1(後のSDF-1:マクロス)が地球に落下し、その結果地球人は、地球外知的生命体の潜在を知った上、現在の科学を遥かに越える力を手に入れる。

地球外生命体との対抗手段を講じる一方、オーバーテクノロジーに端を発する軍事力の進歩は地球上を統合軍と反統合軍に2分した、地球人同士の最大級の戦争へと発展する。

そんな中、伝説の島であるマヤン島にはマクロスと同等のオーバーテクノロジーが海中に埋まっている事が発覚し、2大陣営の決戦が美しき小さな島を舞台に繰り広げられる。

って感じでしょうか。

統合軍=後の正史に残る陣営にはVF-0フェニックスが登場。VF-1の原型ですね。

変形機構等はVF-1とほぼ同等。変形時間等に違いはありそうだが、基本はそれほど違わなそう。

一般用のA型、指揮官用のS型、がある点も(複座のA型も存在)VF-1と一緒。但しJ型は無く、S型のレーザー機銃が2門である事から、S型=FV-1のJ型でVF-1のS型は新規とも取れるかも。

その他、大きな違いは見た目では分からないけど、VF-1に搭載されていた熱核反応タービンがまだ実用化されていないため、現存のジェットエンジンを使用しているらしい。

劇中の説明によるとEGF-172をカリカリにチューンしたスペシャル仕様との事。おかげで燃費もスペシャル仕様。航続距離及び作戦可能時間は悲しいほど短いとか。

その上当然ですが、ジェットエンジンである以上、宇宙での活動が出来ない!これは痛い。と言うか致命的。

あくまで反統合軍の可変機SV-51の対抗用に急遽実践投入された感がありありです。

このSV-51ですが、VF-0&VF-1がF-14トムキャットをモチーフにしたように、SV-51=Su-27をモチーフにしています。見れば分かるけど。

それぞれの開発元は次の通り。

VF-0:ノースロップ・グラマン(アメリカ)、ロックウェル(アメリカ)、新中州重工(日本。架空のメーカーであり、中島=富士重工辺りが元ネタかな?)

SV-51:スホーイ(ロシア)、イスラエル(軍?)、ドルニエ(ドイツ)

他にも、リアクティブアーマーを付けた(試作型?)アーマードバルキリーやブースター装備型等、後のVF-1に繋がる追加装備。

VF-1以外でも、プロトタイプモンスターやデストロイドシャイアン(トマホークとディフェンダーの原型)も登場します。

ちなみに物語は主人公の工藤シン君(声が鈴村なんだが、シン・アスカと一緒なのは偶然なのか?)のF-14トムキャットとSu-29のドッグファイトから始まり、SV-51に撃墜されるまでが1話。

その後VF-0に乗り換えます。

機種転換の指導者はスカル小隊リーダーのロイ・フォッカー。登場人物ではこの人だけが初代マクロスとの繋がりになります。

フォッカーさん、なんか初代より前の話なのに老け顔です。当然ながら、本人は死なないけど、初恋の相手が、、、

物語の基本構成はやはりと言うか結局と言うかマクロス。

三角関係(初代ほどワクワクはしないが)と歌と板野サーカスw

全5話で戦闘シーンの見ごたえが無い話もあるがそれはマクロスだから仕方ない。

今作の歌姫はマヤン島の守り手であり「風の導き手」であるサラ・ノーム。

C.V.は小林沙苗だけど、歌の方はどうやらHoly Razと言うマダガスカル島出身の声楽家が担当しているみたい。

すごく澄んだ声で気持ちいいね。この声。歌詞が無くてもやっぱりすばらしい。

妹のマオ・ノームも主人公シンに好意を持っていたようだが、あっさり姉に譲る辺りはやっぱり姉妹だからか、それとも年の差か。

この姉妹、どうやらプロトカルチャーの正統な血筋?

姓がノームとマクロスFの歌姫と同じなんだが関係あるのか?関係あるとすれば妹だろうな。。。

クライマックスでは鳥の人=プロトカルチャーの遺産がシンを失った(と思った)サラの悪意の心で復活。

地球人が宇宙に出るに足りる生物かをサラに問うがその答えはNO。

鳥の人に意識を取り込まれたサラは地球人を滅ぼす決意をする訳だが、結局シンの愛?のでサラは心を取り戻すが、、、

その時、空母アスカのプロトタイプモンスターは反応弾を鳥の人に放つ!!!

鳥の人とサラは?光に包まれたシンは?

しかし、鳥の人強すぎ。

その後の作品で登場するゼントラーディー軍より遥かに強すぎる気がしないか?

空間の元素を固定して自分自身が巨大化するなんて、、、出来ていいのか?

むしろプロトデビルン(エビルシリーズ)に近いだろ?

そうか!あれはプロトデビルン化しなかったエビルシリーズと考えた方がいいのかも知れんな。エネルギー問題をどう解決したのかは知らんが。

つまり、プロトカルチャー達は死に行く自分達の最後の可能性(の一つ)として、銀河辺境の地球に高知能生命体の種をまいた。

しかし、自分達と同様に争いを好む生物だった場合の事も考えて、その抑止力としてプロトデビルンを不完全な形で残した。

人類が宇宙に出る状況になったときに、宇宙進出して良い種族かどうかを見極め、そうでないと判断したなら滅ぼすつもりだったんだろう。

その判断をする為に、自分達の種族も何人かは地上に残ったんじゃないか?それがノーム(もしくは島民全体か?)。

他の島民が島を離れたのに対して、ノームはそれが出来ない事から、地球人(プロトカルチャーにとっては改良種)との結婚は出来ないのかもしれない。

その為に、濃いプロトカルチャーの血筋を受け継いで来たんじゃないか?

でも何で鳥の人も血を流したんだろ?そこは分からないな。

いずれにしてもサラはどっかへフォールド(死んでは居ない気がする)しちゃったし、シンとどっか宇宙の果てで結ばれたのかな?

となるとやはりシェリルはマオの子孫、、、年代的には孫か曾孫くらい?

プロトカルチャーの遺産に対して何らかの影響力があって、、、いやいや、これマクロスっぽくないな。

マクロスゼロとFは切り離して考えた方が良さそう。

ノーム姓も思わせぶりで何も無いんだろ?きっとそう!

ちなみにシンのコパイであるエドガー・ラサール、、、初代のクローディアと同姓で黒人。。。姉弟かね?

|

« ギレンの野望 エゥーゴ編まとめ | トップページ | ガンダム00 トランザム »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/40407010

この記事へのトラックバック一覧です: マクロスゼロ:

» ナノユニバース情報はコチラ [ナノユニバース情報]
ナノユニバースについての情報をお届けしています♪ [続きを読む]

受信: 2008年3月 8日 (土) 23時06分

« ギレンの野望 エゥーゴ編まとめ | トップページ | ガンダム00 トランザム »