« 200X年 世界は核の炎に、、、包まれる? | トップページ | ゴーオンジャー GP23 »

2008年7月26日 (土)

マクロスF ランカ・アタック

「アイモO.G」に載せて突撃~♪

スピーカーユニットもサウンドブースターもスピーカーポッドも搭載していないケーニッヒモンスターに乗ったランカを連れてヴァジュラの群れへ突っ込むスカル小隊。

なんと、ランカの歌には微弱なフォールド波が含まれているとの事。

それが、シェリルのイヤリング(フォールド・クォーツ)を通してアルトに届いたのね。

指揮官はなんとアンタレス1ことブレラの乗るVF-27。

随伴のVF-27は無人機?それとも有人機?

説明が一切無い為良く分からん。

有人機だとすると、ブレラ同様のサイボーグ兵士かBDIをオミットしたデチューン機か。。。

それともルカのような、専用ゴーストの可能性もあるけど、それならルカと同様のX-9でも性能的にそれほど劣るとも思えないが。。。

一方のシェリルは、、、

まさかこのまま死んじゃったりしないよね?

「うぬぼれないでよ!」のツンツンは良いが、アルトにS.M.Sに運び込まれて気付いたときにはそれすら覚えて居ない状態。

一見それほど酷くないようにも見えるが、確実に体を蝕んでる感じ。

ミシェルがガリア4で見つけたグレイスから渡された薬を、カナリア辺りが早く解析して治療してやってくれ。

気になって仕方ない。

シェリルのフォールドクォーツをビルラーの指輪と同じものだと気付いたアルト。

ビルラーの夢である、全宇宙の統一が目指す真の目的は何だ?

今回の見所はやっぱあれだな。

S.M.Sでアルトとシェリルの居るところへやって来るミシェル。

「女を連れ込むときには、ドアにハンカチ挟む約束だろ?」

やはり実戦軍隊。こういったところには洒落てます。

そして2人の痴話喧嘩に呆れて「ごゆっくり~」がイカス。

この絶妙な台本はいける。間違いなくいける。

そして今回からEDが変わってシェリルの「ノーザンクロス」

画像で出ているシルエットはMay’nなのかね?

カッコイイな。

OPも一緒だと思ってたんだが何時変わるんだろ?

次回か?

Wの新OP並みになかなかじらされる展開だね。

|

« 200X年 世界は核の炎に、、、包まれる? | トップページ | ゴーオンジャー GP23 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/41992433

この記事へのトラックバック一覧です: マクロスF ランカ・アタック:

« 200X年 世界は核の炎に、、、包まれる? | トップページ | ゴーオンジャー GP23 »