« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

これぞ最終回!

そして先週の最終回最後はやはりマクロスF

もう感想書いてるけどね。

改めてこの週末で10回くらい見たけど、やっぱりいいね!

そして幾つか気付いた事が。

まずは今作の目玉であるWヒロイン(歌姫)の存在。

ずーっとランカ=ミンメイ、シェリル=美沙と思ってたんだけど、そうじゃないんじゃないか?

最終話の決戦を見ていて感じたのは、どちらもミンメイがモチーフなんじゃないか?

ランカ=TV版ミンメイでシェリル=劇場版ミンメイだろ?

ふとしたきっかけで知り合った少女がスターダムへの道を駆け上がり、自分から遠い存在になってしまうTV版ミンメイ。

世界的なトップスターとふとしたきっかけで知り合いお互いに興味を持ってしまう劇場版ミンメイ。

それぞれがランカ、シェリルと被るだろ?

ランカが居なくなって2人で生活するとかシェリルと美沙が被る部分もあるけど、基本は2人ともミンメイがモチーフじゃないか。

そう考えると、普通の人である美沙を選んだ輝とFのアルトは全然違うんだよな。

Wヒロイン共にトップアイドルと言う立場にありながら、最後まであくまでアルトを支える2枚の翼になってる。

最終的にミンメイをアイドルと言う偶像としてしまい、普通の女性である美沙を選んだ輝はまぁ普通の人間なんだろうが、やはり歌舞伎役者を経験しているアルトは普通の存在じゃないのかもしれない。

最終的にどちらかを選ぶと言う選択肢もあったと思うけど、どちらも選ばない作品のEDが一番のハッピーエンドかな。

物語的にはシェリルEDが濃厚だったけど、ランカを選んだとしてもそれほど違和感は無かったと思う。

これは個人的なシェリル派の意見かもしれないな。

それから最後の最後で謎を残してくれたMr.ビルラーについてはネットで色々な追加情報が出てますな。

情報の発信元はどうやらアニメ雑誌のようですが。

リチャード・ビルラー:第一次星間戦争の和平派の生き残りで、銀河中心方向の調査に向かい行方不明となったメガロード級第一次移民船団(艦長:早瀬美沙、バルキリー隊隊長:一条輝、リン・ミンメイも搭乗)の調査隊指揮官だったそうです。

その際、とある惑星で朽ち果てたメガロードを発見したとの事。

つまり、ミンメイの超追っかけ?ストーカー?

それほど歌との出会いが衝撃的だったんだろうか?

こんな設定があるとは知らなかったし、別に本編で絡ませる必要があるとも思えないが、この辺は遊び心なんだろうか?

それとも劇場版への布石?

まさか劇場版ではFのW歌姫にミンメイまで登場する?

そこまで行くならバサラ様も登場させようぜ。もちろんミレーヌも。

シャロンまで登場させれば完璧。

そう言えばマオは生きてるのかな?結局過去の映像以外では発見できなかったが、、、

全ての歌が融合されたら神映画だな。

既にストーリーの有る映画というより、合体コンサートとしかいえない気もするが。。。

それはそれで良いよな。

なんてったってマクロスなんだし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の最終回③

続いては「一騎当千Great Guardians」

まぁそれほど書くことも無いんだけどねw

一応ほぼ毎回見てたので一応。

第二期DDでは本来の主人公である孫策よりも成都(蜀)がメインに描かれ、劉備、関羽、諸葛亮あたりが物語の中心で進められたわけだが、今作GGのメインはなんと呂蒙子明!

(多分)一騎当千の登場人物中でも人気の高いもーちゃんと復活?した呂布奉先の爆乳対決がメインかな?

一応最後はラスボスの左慈元放(王允子師とは別人の爆乳娘)と孫策とのバトルだったけど。

本作からの登場人物として孫策の妹 孫権仲謀も登場。

姉とは違い闘士っぽくなく、物静かでおっとりした性格の妹。

実は偽名で本来の名前は小喬で、周瑜の妻になる女性。

新キャラ+復活した呂布が常に物語を牽引し(かなり)強引に決着をつけるあたりがやはり一騎当千。

第一期から既に3作目と人気があるんだろうが(PS用ソフトも出てるし)人気の秘訣はやっぱおパンツだよな?

そう考えると初期に比べて大分グレードダウンしてる気がするんだけど、、、

第四期があるのか知らんけど、もうちょっとおパンツを強調した作品にアップグレードして欲しいな。

ストーリーとかもうどうでも良いし。

何となく見てるからストーリーは良く分かって無いしとは言えそれなりに一応物語りはあるんだけど。

でも、、、誰もそこは気にしてないから!

関羽と孫策と呂蒙と趙雲のパンツをバンバン見せればそれでいいから!

と書いてて思うが、これどんなアニメなんだ?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の最終回②

続いて感動?の最終回を迎えたコードギアス 反逆のルルーシュR2。

こちらも個人的にはそれほど期待していなかったけど、それなりの結末って感じかな。

ルルーシュの最後の作戦?である「ゼロレクイエム」

それは全世界の憎悪を自身に集め、そしてゼロ(中身はスザク)に討たれる事にあった。

やった事としてはガンダム00一期のソレスタルビーイングと一緒ですね。

00の世界はソレスタルビーイングの思惑通り一つに纏ったのもつかの間、結局、長い平和は訪れなかったようだけど。。。

ルルーシュの世界はどうだろう?

ルルーシュが死んでしまった為、続編は無いと思うけど、00と同じ結末を迎えるのか?

一つ違いがあるのは、ルルーシュのギアスが人々に残っている事。

「ゼロに従え!」

このギアスは何時まで有効?

と言うかちょっと頭のいい人が考えれば、ゼロ=ルルーシュだったことがばれているわけだから、ルルーシュを殺したゼロがルルーシュの仲間である事は察しが付くんじゃないの?

そういう意味では、やはりちょっと展開に疑問が残るよね。

ゼロは日本特区の英雄であるなんて昔の事。

既に反逆者であるゼロを今更英雄とか言われても誰もピンと来ないんじゃないの?

何となく流されてしまう話だけど、根本的におかしい気がする。。。

結局サンライズのストーリーって感じで目新しい感は無し。

しかも主人公が死んで終わりと言ういわば最悪の結末。

例えギアスが死ぬまで有効としても、そう長くない期間の一時的な平和の為に主人公が死んだとすると報われない気がしないでもない。。。

銀英伝のヤン・ウェンリーのように、「私の希望は、たかだかこの先数十年の平和なんだ。だが、それでその十分の一の期間の戦乱に勝ること、幾万倍だと思う。」 と言う意識ならそれもありだとは思うけど。

少なくともルルーシュの意識にそんな事は無いように思う。(少なくともそう言った発言は無かったし)

となるとやはり無駄死に感が、、、、、しかも主人公が、、、、、

ストーリーとしてはそれなりに一貫性があったのかもしれないけど、やはり最後の最後まで緻密さにかける天才肌(らしき)の間抜けな主人公ルルーシュって言うのがこの物語の結論っぽい気がする。

色々なブログも見て回ったけど、基本的には肯定派が多いようですな。

ちなみに、色々書いてる俺もこう見えて肯定派です。

但し、先にも書いたとおり、間抜けな主人公を楽しく見守る的な意味ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の最終回①

季節的に色々なアニメが最終回を迎えるシーズンになりましたが、まずは薬師寺涼子の怪奇事件簿の感想を。

先にも書いたとおり、1話完結と思わせながら、実は全話通しての一連のストーリーとなっていたこの作品。

全13話で小説1巻分のストーリーと思ってたらその通りでしたね。

放映見る前は、ぶっちゃけマクロスFの最終回見た後に他のアニメの最終回は見れないな、、、と思ってたんですが、個人的には意外にもなかなか楽しめる最終回でしたな。

奇抜な演出は一切無く、、、と言うか涼子の行動が奇抜なんですが、大軍の敵に単身挑む涼子が遂にピンチを迎える。。。

はずも無く、余裕の表情の涼子の周りには直ぐに駆けつける仲間達が。

マリアンヌ、リシェンヌ、そして泉田。

それぞれがそれぞれに活躍し、敵?をバッタバッタとなぎ倒すシーンは痛快そのもの。

アニメ化での映像を意識したのか、最終的には街すら破壊するほどの暴れっぷりは活字以上の爽快感がありますね。

こういうアニメもやっぱりありだな。

ルパン三世やカウボーイビバップと言ったアニメに通じる、傑作アニメになりうる作品だったと思う。

惜しむらくはタイトルにも有る「怪奇」の部分がかなり薄かったかと、、、

原作も最近はそうなんだけど、変な設定意識みたいなのがあって、怪奇じゃないのよね。

涼子のクローンや化学実験で巨大化した生物、人間の水分を蒸発させる薬、防衛ロボット等、下手に科学の意識が高いと怪奇感がどんどんさめていってしまう。。。

それでも全編を通せば、キムジナーや池の主?と言った怪奇もあるにはあったんだけど、最後に来てその辺は本編に絡むことなく。。。

有る意味ラスボスの石動の存在自体が怪奇だったのかもしれないけど、、、

結論としては期待していた以上に面白い作品に仕上がっていた感じ。

視聴率やグッズの売り上げは知らないけど続編があっても見ると思う。

ただ、すごく期待しているわけじゃなくてダラダラ見ると思うけどw

結局この作品って原作含めてあまり考えずにスーっと見るのがいいんだよな。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

キバ ノイズ・破壊の旋律

失恋記念日って、、、

どんだけ普通の人になってしまったんだ、渉。。。

そして復活の健吾。

しかも別人のようになった上、名護より強いのか?

今後イクサ取られるんじゃね?

イクサに対抗して人類を救う研究をする教授はファンガイアをフュージョンさせることで強力なファンガイアを開発していた?

一方過去では渉に送る最高のバイオリンを一生懸命製作する音也。

しかし、現代ではそのバイオリンが壊れてしまい、、、今後ファンガイアが現れても反応しなくなるのかな?

それとも渉が直す展開?

現代のクイーンミオは先代のクイーンを発見するが、、、彼女に過去何が起こったんだろうか?

なかなか面白い展開になってきたね!

来週も楽しみだが、キバの新装備はやはりサガに1回負けてからなんだろうねぇ。。。

とは言えクリスマス商戦考えると、そろそろ映像出さないと間に合わなくなるんじゃね?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーオンジャー GP32

遂に登場!?

最後の追加炎神。

ガイアーク的には強力な仲間を探していたらしいが、探し当てたのは新たな炎神。

と言うか過去の炎神?

デンライナーかと思った電車型の炎神でしたな。

自分の前に線路を作りながら進むわけだが、空中にも線路引けるようで、、、

現在の炎神達の祖先となると、色々と物知りなのかな?

キャラ的にジャンボエールと被らない?

きっと心配要らないんだろうけど。

新炎神の情報収集怠ってたので、これからちょっと調べてくるわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

マクロスF アナタノオト

圧倒的な存在感を放つ最終話。

冷静に考えるとストーリー的には大分無理があるのはすぐにわかるんだが、それすらも飛びぬけさせる映像と音楽。

絶妙のタイミングで現れる25とメサイア隊。

対するはバトルギャラクシーとゴーストV9。

オズマに回収されたクランはマイクローン化しミシェルのVF-25Gに。

ルカもRVF-25に登場しゴーストX9のリミッターを外す。

かつてマクロスシティを恐怖も底に陥れたその力を!

クランとルカの持ってきたメサイアを受け取るアルトは、プラスのイサムの指飛行機か、、、泣ける。

そしてその心は歌舞伎役者としての経験の本当の意味を理解出来るまでに成長したのか。

スカル小隊最後の出撃は、、、「全機行くぞ!突撃ラブハート!」

最後までイカス!オズマ!

シェリルはノーザンクロスでランカの意識を助け出すも、ここで力尽きる事に、、、ここまでなのか、、、

グレイスは取り込んだクイーンの力を使ってヴァジュラを操る事が可能に。

支配したヴァジュラを使いマクロスシティ、マクロス11が最初の標的となる。

しかし、復活したランカがシェリルのV型感染症を治し、クイーンのヴァジュラへの支配力すら制する。

ストーリーとしてはここからは完全に愛おぼのオマージュですな。

人類と異星人(ヴァジュラ)が歌を通じて理解し合い、本当の敵を打つ。

本当の敵が同じ人類なのはむしろ皮肉にも思えるけど、、、

艦橋へ敬礼するアルト、マクロスアタック、破壊されるマクロスキャノン全てがオマージュとして昇華されている完璧な演出。

違いは圧倒的なフロンティアメドレーによるスピード感。

そしてここに来てやっとアルトとブレラのタッグが完成。

元凶であるグレイスに止めを刺すのは、ミシェルの狙撃銃。。。

この演出は憎い。

そして三角関係は、ランカがシェリルに戦線布告で本格的な三角関係になったところで終わり。

うん。これはこれでいい終わり方だろ。

ナナセも復活し、主要キャラでの死亡は結局ミシェルのみ。あ、後アルトの部下がゴーストに無残に殺されたか。柿崎並に、、、やっぱりジンクスか?

結局ヴァジュラはプロトカルチャー文明とは別の存在って事なのかな?

ただ、プロトカルチャーもヴァジュラの存在自体は知っていて、そのクイーンを模したものが鳥の人って認識で良いんだろうか?

もうちょっと見直してみるか、、、もう3回目なんだが。。。

で、ビルラーとミンメイって何の繋がりだったんだろう、、、すっげー気になるんだけどw

最後はトライアングラーで〆。

CM明けには「劇場版マクロスF始動」の文字だけ、、、、これだけで終わりってーのも気になりすぎだろ?w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

なんと!

関東での放映は今夜ですが、一部地域では昨夜既に放映されたマクロスF最終話。

結局先行で見た方のブログを見て回ってしまった。

感想等は当然この目で見てから明日書きますが、それより何より!

マクロスF劇場版決定!?

なんと、TV最終話にてこの情報を出してしまうスタッフに脱帽。

公開時期や内容等は全く分からんけど、まだまだマクロスで楽しめそうで良かった^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと

ファミマ.comに接続できました。

で、早速申し込み。

あたれーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいおい

ギャラクシーツアーFINAL こんなサービスめったにしないんだからね inブドーカン

の先行予約が本日0:00より開始。

早速申し込もうと思ったらファミマ.comに繋がらないんだが?

今回も競争率高そうだねぇ。。。

また外れるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

ガンダムクロニクルバトライン

ガンダムのカードゲームが発売されるぞ!

ガンダムのカードゲームと言えば、既に”ガンダムウォー”、”カードビルダー”が展開されているが、前者は遊戯王のような対面対人型。後者はゲームセンターでネットワーク対戦するタイプ。

で、今回のクロニクルバトラインはと言うと、、、

PCに専用バーコードリーダーをセットし、カードをスキャンする事で対戦する新感覚のゲーム。

カードの購入には金が掛かるが、オンラインのプレイ料金は無料。

なんと言う試み!

アイテム課金のオンラインゲームが増える中、このゲームの場合は一応コレクションとしてカードと言う物が残るし悪くないんじゃないか?

ちなみにカードはカードダスで3枚入り¥315。

最初はカードリーダーが必要な為スターター¥2,625が必要だが、初期費用としてはまぁそんなに高くない気がする。

あと問題は、、、

ユーザーがどれくらい食いつくかだが、ガンダムなら大丈夫かな?

結構手軽そうだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今晩

MBSではマクロスF最終回ですねぇ。

先行で見た方の明日のブログで内容を事前にチェックするか迷うところ。

多分賛否両論なんだろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

かきざきぃぃぃ

「バルキリー乗りのジンクスを知らないのか?作戦中に女の事でからかうといきなり撃墜されるという・・・・」

柿崎ぃぃぃx!!!

劇場版「超時空要塞マクロス 愛おぼえていますか」 の柿崎の死が50年近く経った統合軍でもジンクスとして残っています。

驚きです。

やはり皆柿崎好きなんだな。

ニコニコでマクロス関連の動画見てても、必ずコメントに柿崎の名前を見かけるのは偶然じゃないんだな。

輝とかマックスのコメはそれほど見ないもんなぁ。。。

バサラ様は見るが、あれは銀河ネットワークチャートの常連であり、プロトカルチャー撃退した人類の英雄である超有名人。

一方、柿崎と言ったら、、、

柿崎速雄:TV版では志願兵として入隊。民間人上がりにしては優秀だがアクロバットパイロットの輝、統合軍きっての天才パイロットマックスには到底及ばず、特大ステーキを食べることなく死亡。

劇場版ではマックス隊長(元はフォッカー隊長)のもと輝の同僚として登場。上司に媚を売る性格に変更され、出撃時に輝をからかって居るところで、ミリアのクァドランに撃墜され死亡。。。

どっちにしてもたいした役じゃないのに何でこんなに人気なの?

そこが不思議。

むしろ空気の松木を思い出してあげて欲しい。。。

松木浩明:柿崎死亡後のスカル小隊の追加パイロット。このタイミングなので当然TV版のみの登場で劇場版に出てないから知名度薄いのか。。。

柿崎の人気をちょっとは分けて欲しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら

福岡ダイエーの王監督が今シーズン限りで退任するそうです。

小さい頃は巨人ファン、と言うか当時の東北地方では巨人戦しか見れない環境なので野球好き=巨人ファンの強制的な流れがある状況だった。

そんな中、巨人の4番であり、ホームランの世界記録を打ち立てた王選手は憧れの的。

当時は長島も居たけど、俺が物心付いた頃には長島はもう引退間近だったので、やはり王の方が良かった。

独特の一本足打法も特徴として覚えやすかったのもあるかな。

引退後に巨人の監督を務めるも結果が出せず直ぐに解任。

個人的にはこの頃から巨人は嫌いになったかも知れん。(既に中日ファンだったが)

そして南海を買収したダイエーが福岡へ移転し、再び王監督が誕生。

南海を母体とするだけあって当時は最弱に近いチームだったのを、常勝チームに変貌させた王監督(今期は結果が出てないけど)。

胃がんを患い摘出した後も監督を続けていたが、やはり体力的もう限界なのかな?

俺のように年取ってると、王=巨人のイメージだけど、若い人だと王=ホークスになってるのかもしれない。

それほど長い期間(14年)福岡の為にがんばってきたんだもんねぇ。

とりあえず、今後も体に気を使って元気に居て欲しいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイダルタリスマン

最近ヴァナディールで見かけるようになった新装備。

これなんだろ?と思って調べてみたら↓でした。

タイダルタリスマン(エンチャントテレポ リキャ40時間)

テレポの機能は自分の居る場所によって以下のようになるそうな。

・三国→ジュノ
・白門←→ナシュモ
・ジュノ←→カザム
・マウラ←→セルビナ

後、効果はPTメンバーも対象らしい。

ジュノ→カザムがあるとLV24からのパーティーで楽ですね。

で、入手法を調べたところ、、、リアルマネーっすかw既に売ってないらしいけど。

¥4,500でちゃっちーアクセサリ買うとヴァナのデータが着いてくる様で、、、

モグキャップあたりから大分商売っ気が出てるなーと思ってたが、ここまでとは、、、

売れ行き確認してアイテム課金型との平行運用に移行するつもりか?と邪推してしまう。

やっぱり固定の収入(月額での収入=アカウント数)が減っているんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

その見出しは無いだろ?w

MIXI見てたら、なんだ?と思う記事が。

アニソン界にも黒船来襲か?

よく読むと「アニマックス 第2回 全日本アニソングランプリ」のグランプリにカナダ出身で東京在住のカトリーヌ・セント・オンジュさんと言う方が輝いたらしい。

これって黒船なのかな?w

別にいいけど。

ちなみにグランプリはアニソンデビューが約束されているはずなので近々なんかのアニメのOPで目にするんでしょうね。カトリーヌさん。

ちなみに第一回のグランプリは喜多修平さんでアニメ「ペルソナ ~トリニティ・ソウル~」の主題歌「Breakin' through」でアニソンデビューされてますね。

今年のグランプリは何のアニメでデビューするのかな?

とりあえず、名前ぐらいは覚えておこうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

ゲームでも歌が重要!

更にマクロス情報!

10/8発売のマクロスエースフロンティア。

マクロスF放映時にランカが☆キラッ☆っとCM流してますが、このゲームの収録曲が判明。

収録曲は以下の通り。

①●私の彼はパイロット
②●愛・おぼえていますか
③小白龍
④運命の矢
⑤マクロス
⑥ドッグ・ファイター
⑦ゼントラディアン大要塞
⑧●INFORMATION HIGH
⑨After,in the dark
⑩FLY UP IN THE AIR ~TENSION
⑪●突撃ラブハート
⑫●HOLY LONELY LIGHT
⑬●MY FRIENDS
⑭●TRY AGAIN
⑮PLANET DANCE
⑯●ライオン
⑰●射手座☆午後九時 Don't be late
⑱アイモ
⑲トライアングラー
⑳TARGET THE

曲名の前に●つけたのがボーカル入りだそうです。

初代で2曲、+で1曲、7が4曲、Fが2曲の計9曲がボーカル入り。

やはり、7が優遇されてるなぁ。

+のミュンのVOICESじゃなくてシャロンのINFORMATION HIGH。

ま、VOICESじゃ燃えないから仕方ないか。

個人的に入れてほしかった曲としては、「ノーザンクロス」「DYNAMITE EXPLOSION」「HEART&SOUL」「天使の絵の具」「2億年前のように静かだね」辺りがほしかったけど、、、

あぁ、そもそもマクロスⅡは入らないんだったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘トラ。情報!

娘トラの収録曲情報が遂に明らかに!?

もちろん変更の可能性はまだあると思うけど。

現時点で入手した情報は以下の通り。

01 Prologue F
02 ノーザンクロス
03 トライアングラー(fight on stage)
04 HighSchoolLife
05 トランスフォーメーション
06 アナタノオト
07 Test Flight Delight
08 星間飛行
09 イヌミミランカ
10 妖精
11 追憶のトランペット
12 真空のダイアモンド クレバス
13 愛・おぼえていますか~bless the little queen
14 蒼のエーテル
15 is this LOVE?
16 shadow of Michael
17 アイモ O.C.
18 Battle Frontier
19 娘々サービスメドレー (1)ライオン(2)インフィニティ(3)私の彼はパイロット
20 プロトカルチュア

新OPのライオンはメドレーに入っているのみで単曲での収録は無し?

別にメドレーでもフルで入ってれば問題ないけど、、、

後気になるのは、イヌミミランカ。。。何?この曲。新曲かな?分からんけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人は一人じゃ飛べない。飛んじゃいけない。それが分かったから

やはり、この興奮は1回では書ききれないw

最終回で明かされるかどうか分からないけど色々と考察。

まず、グレイス。

前回も書いたとおり、グレイス自身は私怨があるとして、彼女と意識を共有している奴らは何者?

ヴァジュラ母星に降りる彼女達が乗っているのは(多分)デネブ級巡洋艦。

となるとやはりギャラクシー船団が後ろ盾であり、ギャラクシー政府の要人達なのか?

それにしては声が若すぎる気もするけど、インプラントを駆使すれば若い肉体のままって事も考えられるし。

そもそもあの肉体は(ブレラ同様)フォールドクォーツを使ったリアルタイムネットワークで利用しているだけで、本体はギャラクシー船団内にあるんじゃないのかな?

この辺りは最終回でも明かされない気がする。

と言うか30分の中に色々詰め込むよりは、本筋に力を入れた演出で別にいいかな。個人的には。

双方の総力戦が始まったヴァジュラ母星で激突する宿命の2人。

ブレラ「これが俺達兄妹の使命だ。バジュラの暮らす星を侵略者から守ることが」

アルト「侵略者!?違う、俺達は…」

クラン「襲ってきたのは貴様らだろうが!!」

ブレラ「先にテリトリーに侵入してきたのはお前達だ!!散れ、銀河の果てに!!」

まさしく初代を真逆にした展開。

初代では地球圏に侵入したゼントランを攻撃するSDF-1(攻撃する事自体がトラップだったけど)。

そして始まった第一次星間戦争。

お互いがその存在意義をかけた争いを終わらせたのは歌。

今回はヴァジュラの生息域に侵入した人類をヴァジュラが駆除しようと言う展開。

互いの生命を脅かす存在を駆逐しようとする両者。

互いが互いの正義の為に戦っていると言う事か。

これだけなら救いはあるんだろうが、グレイスと言うジョーカーが2つの種族すら包括してしまおうと暗躍している辺りがダークだな。

そして今回も決戦の鍵を握るのは歌。

これまでのマクロスを踏襲した脚本には頭が下がるね。

そしてその片鱗を見せたヴァジュラクイーン。

ほんのちょっとだけ見せたその姿は、、、鳥の人?

完全に一緒と言うわけじゃないけど、特徴はありますな。

と言う事はあの中に、、、まさかサラは居ないよねぇ。。。

いや待て。

あの中にサラが居るとすれば風の導き手の血が流れるシェリルに何らかの反応を示すんじゃないのか?

カドゥンを感じ人類を破滅の淵に追い込みつつも愛する男の心の叫びを聞き人間の心を取り戻したサラ。

最後は愛する男を守る為に、反応弾の爆発から故郷を守る為にサラは鳥の人の力で周りの空間ごとフォールドで何処かへ消えてしまったわけだが、、、

フォールド先がヴァジュラ母星か?

そして鳥の人の自己進化能力(そんなのあるか知らないが)で生み出されたのがヴァジュラって事でどうだろうか?

となるとビルラーは工藤シン?

指輪に入っているのはサラの写真?

ちょっと見てくれが違いすぎる気がするが。(どう見てもゼントランだし、、、とは言えマクロス系の映像はあくまで全て後日に製作された物語って位置づけなので問題は無いけど)

あと気になるのは次回予告。TVのじゃなくて公式HPの。以下転載

「バジュラたちとの決死の攻防を繰り返すクォーター。
しかしバジュラを操る新たな存在が現れ、
フロンティアの居住区アイランドワンは危機に瀕する。
敵母艦に向かうバトルフロンティア。
その時、戦艦のステージに現れたシルエットがあった・・・」

以上転載

ステージに現れるシルエットって、、、

ここからは予想じゃなくて妄想w

妄想1:ステージに現れたシルエットが「俺の歌を聞け~!!!」と叫ぶ。

これやったら有る意味神!

笑い転げるか、鳥肌物で興奮するかのどっちかだな。

妄想2:シェリルの母親が登場しシェリルに風の歌(ARKAN)を教える。この歌をMay’nが歌えたら別の意味ですごい。

とは言えランカの「愛・おぼ」に対抗できるとしたらこの歌しかない。(ような気がする)

まだある気もするがとりあえずこのぐらいで。。。

そうそう、23話(トゥルー・ビギン)も見直したら柿崎が伝説になっててびっくりしたw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

サガ スーパーソニック・戦いのサガ

第3のライダーサガはキングだった!

まさかこんな展開とは、、、

と言うか、あれってキバットで変身するキバと一緒のような気が・・・

マークはちょっと違うが、キバとサガ、、、やはり双子(ジェミニ)では?w

いやいやそれは無いかw

過去ではストラディバリの弟子だったと言うマヤと音矢が更に接近。

その後クイーンは悲惨な最期を遂げるらしいが、、、やはり音矢が原因なのかね?

そして名護は、、、フロか?

そこがお前の居場所なのか?

それで本当にいいのか?

ちょっと面白くなってきたな。キバ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーオンジャー GP31

遂に来た!「G3プリンセス」!!!

どこまでお父さんを喜ばせるつもりだw

ぶっちゃけ、子供たちはそれ程喜ばないだろ?と思ってたら、子供も喜んでたなw

とりあえず、今回だけで終わらないらしい。

本放送に絡むかどうかは分からんけど。

CDとか写真集とか、、、さすがにそれは子供向けではないよな?w

とりあえず、G3プリンセスの歌は子供も楽しんでたからいいとして、写真集はちょっとねぇ。。。

ところで、来週は遂に最後の炎神登場かな?

子供たちがすっげー楽しみにしてるわw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月20日 (土)

マクロスF ラスト・フロンティア

一気に謎が明らかになった今回。

多分1回じゃ書ききれませんね。

ランカは母ランシェがV型感染症(第一号)に気付かず身ごもったため、生まれた時からヴァジュラと通じ合える能力があったこと。

シェリルはマオの孫である事。。。母親は何処へ?

三島はヴァジュラを殲滅しヴァジュラ母星をフロンティア船団の移民星としようとしていたのか?それだけが目的だったのかな?

グレイスはフォールドクォーツとインプラント技術を使って全世界の並列思考の頂点に立つのが目的。

小難しい事が色々と説明されたが全てのヴァジュラと全ての人間を支配下に置き銀河系を征服するのが目的。

とは言え見たところグレイス自身はどうも私怨があるっぽいね。

自分の研究を認めなかったライバルのランシェとマオへの復讐心。と言うか自身の理論が正しかった事を証明した言って言う科学者の性かな?

そしてフロンティア船団は遂にヴァジュラの母星での決戦へ背水の陣で望む。

クランはやはりミシェルの敵討ちの為にフロンティアに残ったのね。

やはりゼントランは武力で解決が血の定めなのか。

シェリルの歌で優勢と思われたフロンティアの前に立ちはだかるのはランカ!

シェリルvsランカ。

射手座☆午後九時Don’tBeLate vs 愛・おぼえていますか

かつての第一次星間戦争を終結へと導いた「愛おぼ」が再び戦争を終結させるのか?

とは言え前回とは違う人類の敗北と言う結末で。。。

とは言え単純な歌決戦ではないので当然ながらシェリルに勝ち目無く・・・

ヴァジュラが勢力を吹き返す中、ランカを倒す決意をしたアルトの前にはブレラが。。。

やはりVF-25程の性能は出ないVF-171EXでは重いどうりに動かずクランをかばい撃墜されるアルト。

まぁEXギアが宇宙で使用可能なのは前にも見たから死んでないのは間違いないと思うが。

しかし、今回も見所満載。

シェリルの「恋人ごっこはこれでおしまい。」

「こんないい女めったに居ないんだからね!」

うん。俺もそう思うぞ。

一瞬だけ登場の嵐蔵は「それがお前の舞か・・・」

なんか重い言葉だな。

そして色々な恋愛模様。

オズマ&キャシー。艦長&モニカ。

そしてフォールドクォーツを見つめるビルラーは一体。。。

超フォールドによる空間の統一じゃなくて何か思いがあるみたいだね。

グレイスは巡洋艦での突入。。。やはり後ろにはギャラクシー船団がいるのか?

そして一瞬だけ見えたヴァジュラクイーン。。。

あれってまさか、、、

まさかねぇ、、、

そして次回予告で「ボクはーもうー追いかけはしーないー」と口ずさみそうになった俺はまんまと製作者の思うつぼの負け組みw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回も

チケット取れず。

まぁ予想はしてたけど。

10:10くらいにぴあに電話繋がった時にはキター!と思ったが既に売り切れ。

その後ローソンチケットも電話が繋がってLコード入れても正しいコード・・・とか言われてHP調べたらもう売り切れてるしw

だったらそう言えよ!

金毟り取る気かよ。

とりあえずは、最後のブドーカンに期待しよう。

後、May’nちゃんの単独コンサートも申し込んでみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

三鼎・・・なんて読むの?

地獄少女の第三期も10月からスタート予定だとか。

タイトルは「地獄少女 三鼎」

2005年の第一期から第二期 二籠を経て人気作の第三期が放映開始です。

好んで見てた訳じゃないけど、見始めると止められない感じの地獄少女。

大体1話完結なんだけど、大抵が鬱展開で最終的にはハッピーエンドとバッドエンドの中間的なうまく言い表せない締めくくりをする作品。

望みは叶えられるもハッピーエンドじゃない結末はこれまでのアニメとはちょっと違う感じがしますね。

特筆すべきは、今回の第三期は携帯動画配信サイトを通じて番組無料配信を行うそうだ。

個人的にはパケ放題でもないので見ないけど、好きな人には朗報なのかな?

よく分からんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デンプシーロール!

はじめの一歩が2度目のアニメ化!

日本テレビ系で2009年1月から放送されるみたい。

03年4月に放送された特別編のドクター真田戦以降からスタートとの事。

原作どおりでいうなら、宮田一郎VSアーニー・グレゴリー OPBF(東洋太平洋)タイトル戦かリカルド・マルチネスVS伊達英二 WBAタイトル戦からのスタートかな?

もしくは、一歩の試合で言うならVS沢村竜平 日本タイトル戦になるのか。

いずれにしても、前回のアニメ化も原作を大事にした作りで個人的には好評だったので、今回も楽しみにして待つとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

折角

0:00を待ってマクロスF公式見に行ったら

マクロスFギャラクシーツアーFINAL

こんなサービスめったにしないんだからねinブドーカン

の情報は現在相談中のため発表は19日の24:00に延期だと・・・

明日の夜は帰省しちゃうから見れないジャン。

週明けまでガマンするしかないのか・・・

それより、明日の電話予約もがんばろう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

コードギアス 反逆のルルーシュR2

さて、もう一つのブログに書いてなくて(ほぼ)毎回見ているアニメ。

(多分)2008年度上期で一番の話題だった「コードギアス 反逆のルルーシュR2」です。

アニメ雑誌に毎月の様に特集を組まれる人気作品。

視聴率については低迷してるとの報道もあるけど、この作品の主な購買層って多分低年齢じゃなくて中学・高校生ぐらいなんじゃないのかな?

だとすれば日曜夕方5時って録画視聴じゃないの?

とすれば視聴率調査に影響ないからそれほど問題ない気もするんだけどどうなんだろう?

グッズの販売とかはそれなりに好調なんじゃないの?

そっちの方が気になるけど、そう言ったデータは持ってないので良く分からんが。

で、本編の方だけど、そもそも毎回見てるならレビュー書けばいいんだけど、、、

と言うか秋に始まる00第二期は多分レビュー書くのに何故コードギアスは書いてないのか?

多分、コードギアスの記事書けば間違いなくアクセス数アップすると思う!w

では再度、何故書かないのか!

単純に批判記事しか書けそうに無いからです。

以下は個人的な感想です。

正しいとは思っていないけど自分の受けた感想だから仕方ない。

まず、主人公がアホすぎる。

多分設定上IQは極めて高いんだろうが、更に常に冷静なキャラ(妹の事は除いて)として設定されているんだろうが、やる事自体に主体性が無く受動的に見える。

父を激しく憎悪しているのはその理由を含めて分かる。

が、行動を起こしたきっかけはギアスを手に入れたからって、、、、、どう見ても状況に流されてるだけのカワイソウな人間。

脚本家が意識しているかどうか分からないけど、姉妹の為に自分の才覚と親友を頼りに古き大国の体制に挑む、、、銀河英雄伝説のラインハルトと非常に良く似た設定じゃないかな?

そう考えると戦術性や戦略性を取り入れているように見えるけど、稚拙に見えてくる。

他にも政治(戦略に近いけど)や学園物を取り入れているが、無理やり感が強い。

そもそもこの作品は、裏設定等が細かく設定されているにも関わらず、広く浅くが根本に有る作品じゃないのかな?

それぞれのテーマを広げるつもりは全く無くて、あまり深いことを考える作品じゃないと思う。

ナイトメアフレームは個人的には嫌いじゃないけど、結局サンライズって事でガンダムの流れを踏襲しているのもちょっと。。。

オンオフ機>量産機の流れがあって特にラウンズ用なんて傷ついたら修理すら出来ないんじゃないの?って思ってしまう。

兵器としてどうなんだろう?これはそもそもガンダムがそうなんだけどね。

ルルーシュとスザクのW主人公もSEEDが人気出たのを引っ張った様にしか見えなくて。。。

という事で毎回突っ込みを入れずには居られない展開が毎回レビューを書く気にさせないアニメが、コードギアスなんだよね。

後は、音楽は今期で言うとマクロスFと薬師寺涼子の怪奇事件簿があるせいか、やはりエーベックス戦略には違和感があって映像と合ってない気が、、、、、

これは商品戦略なので改善策があるとは思わないけど、この枠はやっぱり広く浅くでより多くの人を対象としてちょっとずつ興味を持ってもらって、幅広くグッズを売ろうとしている気がするな。

そういった意味で自分が求める物がこのアニメには無かっただけなんだろうと思うんだけど。

じゃぁなんでほぼ毎週見てるのかというと、どっちかというとギャグ漫画間隔で見てるとそれなりに面白いんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師寺涼子の怪奇事件簿

そろそろ、秋の新作アニメの話題が大分聞かれるようになってきました。

つまり、そろそろ終わるアニメが大量にあるって事なんですが。

このブログに書いてないアニメで、ほぼ毎回見ているアニメが2つほどあるので、終わってないけど、途中評価を。

まず一つ目は「薬師寺涼子の怪奇事件簿」

原作も巻を追う毎に重くなってきて微妙ですが、アニメ版はちょっと違う感じ。

そもそも、原作は話ごとの繋がりは特に無い(登場人物を引き継ぐ等は別にして)んだけど、今回のアニメは終わりを意識してか一連の繋がりを持たせてるようですな。

ストーリーの大筋としては涼子vsNPP(日本施設警察)もしくは石動瑠璃子ってところか。

そう考えるとアニメ版全話で小説1巻分って感じなのかもしれない。

だったら、やっぱり1話毎のレビューするよりは全話見てからのレビューが正しい気がするね。

現在11話まで終了し、次回が「東京デッド・オア・ラブ(前編)」なので、後編の13話で放映終了となるのかな?

徐々に盛り上がりつつあるも、軽妙な涼子と泉田、お由紀達のやり取りで緊迫感が無いところはうまく原作の感じを伝えている感じ。

とは言え最後にはやはり盛り上がる展開がほしいので、12-13話がやっぱり作品の評価として大事な回になるかな。

他のポイントとして音楽は良いね。

全編を通してJAZZタッチの曲調はお涼に良く合う。

マクロスFもそうだけど、アニメ(と言うか映像)には、その映像に合った音楽があると見ていて気分が良い。

この点では薬師寺涼子の事件簿は十分に評価できるアニメだと思う。

残りの2回でストーリーも良ければ、かなり評価の高い作品になりそうだけど、、、

こればっかりは放映されてみない事には何とも言えないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はいはい

また落選しましたよっと。

土曜の一般発売も一応電話してみるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日ですよ!

マクロスFギャラクシツアーFINALの先行3次申し込み(最終先行とも言う)の抽選結果発表は本日18:00頃らしいですよ!

期待してないけど当たったらいいなー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

娘トラ!

マクロスF O.S.T.2「娘トラ」の収録曲がいまだに発表されませんね。

(予)すら情報がありません。

O.S.T.1の時は1ヶ月前にはある程度の情報が出てたのに・・・(一部変更があったけど)

気になって調べてみたら、アニメージュの情報にたどり着きました。

アニメージュのインタビューで脚本の吉野弘幸がこんなことを言ってるそうだ。

以下、引用

「歌に関して、最終回用にほぼ全てが新録している状態になっています。なぜ新録する必要があったのかは、実際にごらんいただければわかると思います。特に最終話のBパートははっきりいってものすごいことになっています。また新曲ですが・・・まぁご期待ください。」

以上、引用

との事。

つまり、最終回が放映されないと曲目リストが埋まらないの?

しかもこのインタビューを見る限り、最終回はやはり期待できそう?

これまでの放映で見ると、7話「ファースト・アタック」での射手座☆午後九時Don’tBeLateとインフィニティをBGMにした戦闘シーンと、22話「ノーザン・クロス」でのノーザン・クロスをBGMとした戦闘シーンが特に印象に残っているけど、最終話は全編通じてこんな仕上がりになってるのか?

結論としては残り2話もO.S.T.2も期待できそうな気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しすぎる週末・・・

3連休の週末はほぼ家から出ずにFF三昧!

つーか折角の3連休にATM止めんなよ東京三菱UFJ・・・

所持金1,600円じゃ何も出来ん。。。

仕方なくカンパニエしたり(赤魔61→63)、スキル上げしたり(片手剣158→178)、ミラテテとカンパニエOPSしたり(シーフ31→32)、レベルシンクと楽ソロしたり(踊り子11→17)、ENMしたり(20万ギルの収入)、テントウムシの羽集めたり(約10万ギルの収入)、フェロー上げしたり(53→54)してた。

という事で前回のVU機能を一部体験した訳ですが、レベルシンクは今のところ好評かな?

気軽にPT組めるのが良いね。

LSで6人集まってと、時間が無いのでとりあえず2人でつよを狩るって言うのをやったんですが、両方ともそれなりに稼げるし、何より気楽に出来る。

後は普通に野良でもやったんですが、これもメンバー集まるまでの時間が早いですね。

希望玉出す際に【レベルシンク】OKと書いてる人も結構居るので誘いやすいし。

ただ、今回コロロカでやったんだけど、やはり低レベルは危険だね。

レベルシンクの問題じゃなくてプレイヤースキル的な問題でw

他の人の意見も概ね肯定派が多い気がする。聞いたサンプル数が少ないので何とも言えないけど。

後は楽敵の経験値大幅増大が神掛りすぎw

女帝使って1時間で12→15まで上がりました。(女帝抜きで時給4000くらい)

これってすごすぎね?

但し、レベルシンクと楽敵の経験値増大のどちらも前衛のスキルが上がらない問題があるねぇ。

他のジョブでスキル上げているものについては問題無さそうだけど、そうじゃないと元のレベル帯で役に立たなくなる恐れがあるので乱用は危ない。

まぁカンパニエも一緒だけど。

後は、、、

そうそう白門でシャウトしてたLSに入れてもらった。

今までのLSはほぼ一人LSになっちゃって寂しかったのでw

一応、前のLPも付けるとは思うけど、暫くは新しく貰ったLSに居てみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表は何時?

さて本日はマクロスFギャラクシーツアー先行3次抽選の締切日!

たった今の11:00を持って締め切らせていただきました!?

で、発表は何時なんだろ?

ま、期待してないけどねw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

キバ 新世界・もう一人のキバ

えー?

そんな展開なの?

キングは渉の幼馴染?

じゃぁ渉は誰の子なんだー?

マヤが過去に居る場所ってキャッスルドランでしょ?

斬鬼さんが現代で居るキャッスルドランと一緒だよね?

音也もマヤの正体知ってしまったし、渉はどうやって生まれるんだ?

わかんねー。

まさかマヤが裏切るのかな?

それと過去のキングはどうして現代に居ないんだ?

渉とミオの関係は今後どうなるんだ?

分からない事ばかりだ。。。

そして第のライダーサガが遂に登場。

これって誰だ?

まさかキング?

いやいや、ライダーに変身する必要が思い浮かばないが。。。

うーん、、、奥が深すぎるのかな?

なんか変なトリックみたいな事は期待してないんだけど。

後は無茶な設定破綻も勘弁してくれよ?

今後の展開が全くわからなくなってきたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーオンジャー GP30

今週は何だったんだ?

やっぱり、ソウスケとミウがくっつくの?

そんなのイヤダー。

特にこれと言ったストーリーも無く淡々とした展開。

まぁゴローダーが出たばっかりだし、新炎神はもうちょっと先だよね?

とは言え来週はまたまた女性陣がメインか?

女性陣の中にケガレシアも入ってたけど。

他にも矢車さんも予告に出てたな。

あやしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

マクロスF トゥルー・ビギン

シャリルとアルトがくっついたー!!!

なんなの?その新婚みたいな生活はw

一方ではヴァジュラの生態が遂に判明。

ヴァジュラとは全ての固体がヴァジュラ全体を生物としてみた場合のシナプスの1つでしかない。

つまり、クイーンと言う頭脳があり、それ以外の固体は全てフォールド通信で信号を伝達される事で動く手足でしかないのか。

そして、記憶を思い出したランカとブレラ。

兄妹である事をお互い思い出すも、当然のように直後には別れが、、、

アイ君も遂にヴァジュラの固体として目覚めてしまったのか?

いや、そもそも固体としての意識は無いはずなんだから、この事態すらクイーンの意思なのか。

それともアイ君は他とは違う種類なのかな?ちょっと形も違う気がするが・・・

ブレラの方は遂にグレイスの操り人形にされてしまったが、、、死ぬ間際に又思い出すとかのベタな展開じゃないだろうな?

そしてフロンティアもランカの歌を頼りにヴァジュラ母星での最終決戦を決意。

で、三島の狙いは結局何なの?

フロンティアの大統領?それともフォールドクオーツ独占して統合政府のトップになりたいとかかな?全然わかんねw

で、問題はアルトだ。

やっと決心がついたようだが、結局アルトが好きなのはランカで確定。

ただ、好きだからくっつくって訳でもないんだよな?きっと。

それを知ったシェリルも死ぬのが前提なんだろうし、もし、3人とも生き延びるエンディングになると、またごちゃごちゃしそうな3角関係だな、しかし。

あおして、フロンティアの動向を見ている25。

結局、ヴァジュラ母星でのフロンティア、ランカ、グレイス、25の4つ巴で結論が出るって事か。

それぞれの本当の思惑が未だにわからないから、結末が見えねー。

ただ、残りの話はまだ期待できるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

超緊急突発的追加公演

な、なんと!

「マクロスF ギャラクシーツアーFINAL こんなサービスめったにしないんだからね in ブドーカン☆」

が開催決定だと?

日時:2008年11月5日(水)
場所:日本武道館(東京:九段下)

だそうで、、、

パシフィコは外れたら外れたで良いか。

さすがに武道館は入れるだろ?

平日だし。。。

甘いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

本日

ギャラクシーツアー2次先行。

電話先行予約も、(当然)電話繋がらず。

そしてこんな日に限って飲み会予定入ってて、酒飲んだ瞬間に忘れてるし。

次は3次先行かー。。。

アルコールも手伝ってどうでもいいかな?って気分になってきてる自分が怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

カンパニエ階級の追加は?

そう言えばFFばーじょんあぽーの際のカンパニエ階級追加は何時消されたんだっけ?

昨日の夜、喜び勇んで叙勲申請に言ったら、君は現時点の最高位階級とかなんとか言われて、FFのHP行ったら確かに階級追加が無くて、でも以前の情報にはあったよな?

なんで?

審査の残り期間が@14日なんだが、1回切っちゃっていいの?

5日以内に仕様追加無いよね?

本当に無いよね?

これから申請しちゃうよ?

1日2日昇進遅れたからどうって言われると何の問題も無いんだけど、気持ちの問題としてねぇ。。。

まぁゲームごときにそれほど熱くならなくてもいっかw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学者メリポー

ばーじょんあぽーでボクの好きな学者にめりっとぽいんとが追加されました。

追加されたメリットは以下の通り。

①グリモア使用間隔:能力値1で白のグリモア、黒のグリモアの使用間隔をともに2秒短縮します。

②以逸待労の計効果時間:能力値1で以逸待労の計の効果時間を10%延長します。

③計略魔法命中率、魔法攻撃力:能力値1で計略の魔法命中率を+3、魔法攻撃力を+2します。

④机上演習上限:能力値1で机上演習によるMP蓄積量の上限を+10します。

以前の記事で予想したのとあまり変わりないですね。

但し、机上演習についてはリキャ短縮ではなくMP蓄積量アップでしたが。

こうして見ると、やはり個人的にはグリモア使用間隔5段が外せないですね。

他はどれも選びにくいな。

特に以逸待労の計についてはどうだろう?

時間を10%延長とあるが、1段振って効果はあるのだろうか?

以逸待労の計については効果時間半分でスリップ量倍増。効果時間は通常レジなしで90secの半分でスリップは10sec毎で10%アップだと4.5秒の効果時間延長。

これってダメージアップするの?

そもそもの疑問が発生するんだが。。。。。

10秒の間違いじゃないのかな?

計略魔法命中率、魔法攻撃力アップは確かに魅力的だけど、これも使い道があるのか無いのか、、、

そもそも計略魔法が活躍するのってマラソンの時かな?

学者でマラソンする機会はどの程度あるのだろうか?

赤みたいに打たれ強くない学者でマラソンはどうなのかね?

残った机上演習上限を+10は嬉しいかも。

そもそもの上限がHP依存という事でHP少ないタルには特に大きいですな。

タルでサポ赤の場合机上演習上限は多分230くらい。

これが+50できると大分違う。

ただし、上限まで貯めるケースが何処まであるかってところはちょっと疑問が残るなぁ、、、

という事で、グリモア使用間隔以外はもうちょっと考えてからだなー。

そもそもメリポ1しか貯まってないしね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

ナイトメアプラス・・・でいいのかな?

さて、以前までと打って変わってアクセス数が連日100を超える状況になってきました。

契機は前に書いたとおりギャラクシーツアーの記事なんだけどw

それ以降の検索ワードとしては圧倒的にVF-171EXが多いです。

前回の放送で登場したMDE弾とセット?の新型VFですな。

新型と言ってもVF-171の改修形ですが。

さて、どの辺が新型なのか?

映像で見える範囲で見てみよう。

見た目で大きく違うのは、皆分かるとおり、本体両翼の付け根上部に取り付けられた砲身となんだか良く分からないブラックボックス。

砲身の方は、見た感じで言うと高威力型のガンポッド?連射形って訳じゃないのでガンポッドとはちょっと違うか。

想像するにVF-27のビーム砲技術をフィードバックした簡易版のビーム砲かね?

VF-171のガンポッドに対応する弾丸が作れなかった為、急遽作られたビーム兵器でガンポッドもどきって感じかな?

一方のVF-25ではガンポッドそのままでの攻撃をしていた事からこちらの新型ガンポッドは対応の新型弾丸が製作されたって事か。

左翼の付いているブラックボックスについてはMDE弾用のミサイルポッドかとも思ったんだけど、映像に一切で無い事から、ガンポッドもどきのエネルギーチャージシステムなんじゃないかと想像できる。

オズマvsルカの時に、ルカのVF-171EXには両翼のパイロンにミサイルつけてたしな。

あっちがMDE弾なんだろう。きっと。

アーマードパックのミサイルとは大分違うが。

後は脚部に追加ブースターらしきものが見えるので機動力もアップしているんだろうね。

で?

それだけでVF-171からEXに形式が変わったかどうかが問題になるわけだが、あの形を見る限りバトロイドへの変形機構はオミットされてるんじゃないだろうか?

新型の装備をつける変わりに変形はガウォークまで。(旧型VFでアーマードパックを付けるとバトロイド形態しか出来ないような感じ)

もっとも、スーパーパックと同じような追加武装なので変形機構がオミットされていると断言できない訳だが、VF-17は元々特殊な形(パッシブステルス性を追求している)であり、追加装備は一切無い(サウンドフォース用のサウンドブースターはあるけど。)のを考えると、やはりちょっと疑問は残る。

結局これが新型か?と言うと、オズマの台詞「付け焼刃の改修機」が妥当な評価だよな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えふえふ ばーじょんあぽー にせんはちねんくがつここのか

今日は皆が大好きなえふえふのばーじょんあぽーだぞ。

今日も祭りに参加せねばとの使命感が、俺の背中を後押しする。

朝起きてまずはPC起動後おもむろにえふえふを立ち上げる、、、、「ネットワークが混雑・・・・」

キタコレ!

wktkしながらリトライを押すと、、、

ファイルのチェック始まりやがった、、、、、

ちっ。

まぁ良い。

この程度は勘弁してやろう。

ちょっと一服して再びPC画面を見ると、、、

ダウンロード始まってるじゃないか!

むむむ・・・

まぁマテ。ここからが本番だな?

暫くして再びPC画面を見ると、、、

ダウンロード率80%まで終了。。。

前回のばーじょんあぽーの時にも書いた気がするが、あえて再び書こう!

ユーザーの気持ちを理解しない□エニには絶望した!

リトライ祭りあってこそのばーじょんあぽーだと前回も書いただろう?

何事も無かったかのようにすんなり終わったら祭りじゃないだろう?

FFブロガーが□エニの批判記事書いてこそのばーじょんあぽーだろ?

むしろ批判記事が仕様変更の内容に集中したらそれこそ本末転倒!

あ、

今思ったんだが、

もしかして混雑せずにばーじょんあぽー出来るような環境になった時点でえふえふの終末は近いって事なのかな。。。

ちょっと残念な事だが、受け入れざるを得ないのか・・・w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

【よくやった!】【バストゥーク】

学者上げ終わってからどうもFFやる気が今一起きず。

折角なんだから赤魔上げりゃー良いんだろうが面倒なんだよねw

こうやってまた長期休暇に入るんだろうけどw

で、昨日は何となーくFFインして、何しようか?

と思ってみたら、何とグロウベルグ_Sの共和国軍支配率が50%ぐらいである事を発見!

これは、バストゥークの快挙か?

前回のVU以来、俺のサーバーではウィンダスだけが支配地域を持っている状態から抜け出せず、サンドとバスは常に本国が主戦場の状態が既に3ヶ月。

次回VU(9/9みたいね)ではこの状況を変える為の仕様変更あるらしいので、最後の無駄なあがきとも取れなくは無いが、やっぱり勝利は嬉しいだろ。

という事で早速グロウベルグ_Sに参戦。

すると日本人PCさんが先導して亀軍団を撃退している様子。

支配地を奪還する方法については、他のブログ等でも紹介あるとおりですが、

敵が出撃中で味方が出撃する前の状態(カンパニエが発生していない状態)で、亀を倒して撤退させ、味方が来たときに壁を叩いて拠点防御力を低下させる。

拠点防衛力が低下すると、敵の撤退条件が緩和され、直ぐに撤退するようになります。

一度好調のスパイラルに入ってしまえば、その後はどんどん敵の支配力が減り、自軍の支配力が高まっていく。

こうなってしまえば後は時間の問題ですね。

自分が参戦したときには既に好調のスパイラルに入っていたので特に苦労した感じはなかったけど、最初から始めた人には頭が下がるね。

と言う感じで夕方からずーっとグロウベルグ_Sに待機。

敵が発生すると倒す!

カンパニエ時には壁を叩く!

でどんどんと共和国軍の支配力が高まり、0:00直前には支配力がMAXになりました。(この時敵軍の支配力は2/3程度)

0:05頃にはカンパニエ戦況はまだ纏っていなかったけど、既にC.Aが配置され勝利が確定しました!

いやー、久々に楽しかったな。

経験値は殆ど貰えなかったけどまさにMMORPGって感じだった。

やっぱこう言う戦いの方が燃えるな。

個人的には。

レベル上げに興味のない俺としては、週末はカンパニエで支配地取り戻そう大作戦!の方が楽しいわ。やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

キバ 喝采・母に捧げる変身

相変わらず過去編が見ててイタイ。。。

既に結果の見えている物語を見るほど苦痛な事は無いな。

既に過去編の興味は斬鬼が仲間になった経緯以外に興味ないし。

とは言え一応今回は過去と現代でユリとメグミの親子の共闘がちょっと熱かった。

ルークが現代まで封印されていた理由も判明したし。

逆に現代編はちょっと面白いぞ。

遂にミオがクイーンとして活動開始?

そしてキバの前に立ちはだかる?

ミオと渉は今後どうなるのか?

最終的には結ばれるんだよな?

そしてキングの存在が遂に判明?

あれ?

渉じゃ無いの?

これはちょっとわからなくなってきたな。

まさか音也じゃないよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーオンジャー GP29

遂に登場したゴローダー。

炎神ではなく追加武器?ってことになるのかな?

ボウケンジャーで言うズバーンみたいな意思を持った戦士なのかな?

圧倒的なパワーを持つゴローダーGTを制御するには圧倒的な力が必要らしく、ミウを傷つけられ怒りに燃えるヒロトは大事な事を忘れ暴走。

それをわからせるのはやっぱりアホな仲間達w

仲間の力を借りて、遂にゴローダーが起動!

エンジンオーG9との連携により強敵を撃破。

次のカンカンバーも炎神じゃなくてパワーアップアイテムみたいな位置づけなのかな?

結局エンジンオーG12の出番はまだまだ先なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

早乙女アルト!お前の翼は何のためにある!

いやー、何度見ても興奮するなVF対VFは。

基本的に人類vs外的の作品だから人類のVFは宇宙人とか宇宙怪獣?と戦う訳だが今回は事情により最新鋭VF-25対主人公の乗るVF171EXのドックファイト。

これまでの作品だと、地球での最後の大規模抗争を描いたマクロスゼロでのVF-0対SV-51。

新型機コンペを書いたマクロスプラスでのYF-19対YF-21があって、それぞれがドックファイトを色濃く描いていた。

そう言う意味でフロンティアでの戦闘は時間も短くて比較するべくもないけど、この短い時間に色々と込められてるよな。

最新CGによるスピード感のある戦闘。最新鋭VF対旧型の改修VF。

もちろんそこもだけど、パイロットの技量としては主人公が目指すべきエースパイロットに肩を比べるくらいに成長している事。

一方で精神的に未だ揺れる主人公に対して成長を促す先輩。

そして何よりも、バックで流れる「ノーザン・クロス」

これこそ「マクロス」

回数で言うと数えるほどの演出なんだけど、これがあるからやっぱり「マクロス」なんだよね。

きっとこの展開のためにミシェルが死んだ気もするな。

今回の展開でミシェルが居るとちょっと複雑になるだろうからな。

ランカが。

オズマが。

そしてシェリルも自分の道を見つけ、その道を進んでいく事を決めた今回。

アルトの進むべき道も次回あたりには決まるのか?

クライマックスとしてまさにふさわしい展開だよなー。

うん。

何度見ても本当に面白い。

ところでクランは何故残ったんだろうか?

死んじゃいやだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マクロスF ノーザン・クロス

なんだ?今回の展開は。

ヴァジュラの攻撃で都市機能が破壊され、このまま人間が住まう環境としては3ヶ月しか持たない状況に追い込まれたフロンティア船団。

小物の三島とは言えそれなりに頭は回るようで、一応今後の予測ぐらいは出来る模様。

まぁ所詮小物で、前回は別にして今回は結局何一つ成功してないけど。

シェリルは再び歌う事を決意。

それはシェリル・ノームが生きた証として、、、

やはりシェリルの運命は変えられないのか?

こうなると、期待できるのはランカ?

ブレラとランカとアイ君がたどり着いた先は人類の生存可能な環境の惑星か?

あの星が最終決戦地なのか?

あそこにランカの母親であるランシェ=バジュラクイーンが居るんだよな?

グレイスの目的もどうやらバジュラクイーンの捜索にあったのか。

バジュラクイーンの謎が明かされることでV型感染症が治療可能になる事を信じてるぞ。

一方シェリルの真実を知ったアルト。

シェリルの命が消えるまでそばに居るとの言葉も感情に流されただけなのかよ。

シェリルとくっついたのかと思ったのに、結局そこは先延ばしなのね。

S.M.Sの離反は三島の差し金とは言え、その策にあえて乗る艦長、オズマ達はカッコイーな。やっぱ。

これから宇宙海賊に転職だ!なんてさすがあの艦長って感じだし。

とは言えこの展開はちょっとびっくりしたけど。

ルカとアルトは誘われなかったのかね?

アルトには連絡行った様に見えたが、その後のオズマとの戦闘中の会話聞くとそうでもないような・・・

とは言え25とルカ・アルトの戦闘は中々緊迫感があって盛り上がった。

今後アルトは?ランカは?シェリルは?25は?フロンティは?

今回の展開で残り3話も期待出来そうな気がしてきたぞ。

残り3話。

やっぱり見逃せねー。

ところで次回の「トゥルー・ビギン」は曲名タイトルシリーズは終了なの?

実はシェリルの新曲かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス数が

昨日のこのブログのアクセス数が久々に200まで行きました。

ぶっちゃけ、最近のアクセス数って50切る日が多かったんだよねw

理由は、、、

調べたら簡単。

ギャラクシーツアーの検索が8割w

アクセス数が夕方から急激に上がったの見ても、皆外れたんだろうな。

うん。

わかるぞ。

そのキモチ。

俺も他の当選・落選者のブログ見に行ったから!w

しっかし、既にオークションにすげー出てるな。

当たり前だけど。

現時点で、購入券1枚で3万くらい。

更にチケット購入に¥6,300。

とは言え、一般販売終わった後だと、もっと値上がりしそうだしなー

悩む。。。

とりあえずは2次先行に期待するしかないか。

とは言え平日の夕方だよなー。。。

キツイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落選・・・

ギャラクシーツアーFINAL

一次先行は見事に外れたようですな。

さて、次はどうするかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

ローゼン・メイデン

ネット上で「ローゼン麻生」の話題が多くてワロス。

アニメ関連株が高騰とかおかしすぎる。

まぁ、民衆は常に英雄を求めるんだよねw

そういう意味では民衆の日本の政治に対して求めているものが変わったんだろうね。

昭和の終わりに自民独裁から野党連合に変わった事もあったけど、結局は自民与党(正確には連立だけど)に逆戻り。

きっとこれも民衆の期待した英雄が生まれなかった結果でしょ。

政治評論家とか政治通っぽい人が政策がどうの何かに対する対応がどうのとか言うけど、殆どが批判ばっかで、少なくとも民衆の意識を汲み取ってるとは思えない。

やっぱり、現代の民衆が求めている英雄かどうかが分かれ道なんだよ、きっと。

近年の政治家で英雄となると、やっぱ小泉。

政治手法や手腕と言った意味での評価は政治評論家に任せるとして、結論としては小泉は民衆の求める英雄像に近かった。

だから、近年では珍しい長期政権を維持し得たわけだ。

ちなみに、英雄性が本来の政治家に必要かどうかは知らん。

だって唯の現状分析しただけであって、あるべき論なんて興味ないし。

多分、異論がある人は多数居るだろうが、きっとそう!

で、ローゼン麻生はどうだろう?

俺の見る限り、現時点での彼は現代の日本の民衆が求めている英雄性を持った人物だと思っている。

ただ、人は立場によって変わるからねぇ。

総裁になっても変わらないで居られるか?総理になっても変わらないで居られるか?が鍵だろうな。

ちなみに、、、

個人的な希望で言うと、ローゼン総理はあまり好みじゃないな。

どちらかと言うと、野党党首で今のままで居てくれるのが一番面白そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラ8兄弟ラッピング

「大決戦!超ウルトラ8兄弟」公開まで

もうちょっとだねー。

うちの子供達がそりゃもう楽しみにしてます。

そう言えば(多分)今週から東急の一部車両がウルトラ兄弟ばーじょんになっておりますな。

ちなみに先週までは、劇場版キバとプリキュア車両だったけど。

で、このウルトラ兄弟車両ですが、8両編成でそれぞれ

1両目ティガ、2両目セブン、3両目ダイナ、4両目ジャック、5両目ガイア、6両目エース、7両目メビウス、8両目ウルトラマン

が描かれていて、それぞれのウルトラマンのキャッチコピーが書かれている車両になっています。

ちなみにキャッチコピーは

「よみがえる希望の光ティガ」
「セブン!セブン!セブン!」
「あきらめない心ダイナ」
「帰って来た!帰って来たウルトラマン」
「地球が生んだガイア」
「ぼくらのエース」
「若きヒーローメビウス」
「われらのヒーローウルトラマン」

子供に見せる為、全種類のラッピングを写真に取ろうとホームで撮影→出発前に乗車→社内移動→次の車両で待機を繰り返した結果、目的の駅を通り過ぎる結果に!(←遅刻したとも言う)

アホだな俺。。。

まぁ子供の為だから仕方ない。うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日!

本日夕方は、マクロスFギャラクシーツアーFINALの1次先行予約の結果発表です!

当選者のみにメールで連絡が行くそうで、、、

当たって欲しいが、当たらないんだろうな、きっと。

でもやっぱり、当たって欲しい。

このワクワクしてる時間が楽しいと言えば楽しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

FF11 次回VU

次回VUは来週かねー?

それとも再来週?

それとも・・・

以前にレベルシンク機能は書いたが、他にも

獣印章をNPCに預けられるとか、過去世界でチョコボ使えるとか、過去世界のワープNPCがカンパニエ発生しても消えないとかの調整があるらしい。

後なんだっけ?

そうそうカンパニエの調整だ!

そもそもこれがうまく行っていればワープNPCの問題なんて起きないんだが?

本拠地以外に1つでも支配地域があれば本国への侵攻は防がれるのがカンパニエの仕様。

現在で言うならウィンダスは常に自国以外の支配地域を持っているので本国は攻め込まれていないはず。

一方、バスとサンドは常に攻め込まれっぱなしでNPCが消えると、、、

調整をうまくして、支配地域を取ったり取られたりの状況になればそもそもNPCが消える事は無くなるんだから、そっちの調整してから考えないか?

クエNPCが消える仕様は多分そのままなんだろうから、そっちの方が問題だろ?

カンパニエ中くらいワープなんてしなくたって良いだろ?

過去世界ですることなんてクエとカンパニエしかないんだから、中途半端な仕様変更だと思うけどなぁ。

後はあれだ。

リトレースアイテムの追加が早く欲しい所。俺は要らないけど。

自国に行けば1度行った好きなエリアにワープできるのを考えるとチョコボよりリトレースアイテムの追加の方が先に望まれると思うんだがね。

そういう意味では、狙ってるのか、外れてるのか分からんけど要望と実装の優先度が狂ってる気がするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超時空巫女ランカ

コンプエース?だかで連載されていた作品らしいですが、

と言うか公式HPでも大々的に宣伝されてたはずなんだけどな、この作品。

まだ実際に見たこと無いんだけど、なんかこれすごいらしい。

TV放映に併せて4月号から連載されていたんだけど、すごすぎて既に打ち切りとか。

ワロス。

わずか4話で終了。

当然ながら物語は中途半端。

何よりも、アニメと併せたスタートなのに本編と全くシンクロしていないとか。

すごすぎだろ?

なんでもランカが霊的な存在と戦うバトル物らしいです。。。

既にマクロスじゃないです。

なぜ、こんな企画が通ったのか?意味が分かりません。

作者が黒岩よしひろとの事なので、打ち切りを狙ったんでしょうか?

妄想で代表作の鬼神童子ZENKIと合体させたのかな?

何となくだけど、、、

黒歴史、、、と言うより有る意味マクロスの歴史に名を残す幻の作品になるのかもしれない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤魔AF!

遂に赤魔が60に!

手に入れてなかった胴AFもオズへ何度か通い、何度か死んだ上、何時もならフェロー上げとかスキル上げとか金策の集団が居る場所なのに、箱があるときに限って誰もおらず、その上、最上階に箱が沸いているもんだから、ドキドキしながら箱開けて、連続魔→デジョンで逃げ帰る事に成功!

これで、フルAFになったー!

AFのレベルなんて既に幾つも持ってる人が普通だし、特筆すべき事もないんだろうけど、俺にするとやっと3つ目のフルAFです。

黒、学者共にAFが良くジョブを表している感じがして大好きなんだが、いかんせん両AFとも色合い的にかなり地味。

それに比べて赤魔のAFは赤基調で派手だね。

これまでとは違った感じで装備してみると結構満足感がありますね。

ただ、、、

黒と学者のAFがうまくジョブそのものを表現していたのと違って、色が赤である事意外に、見た感じで赤魔だーーーって感じがしない気もする。

まぁ個人的な感想だけど。

本来のジョブとしては魔法剣士って役割かな?赤魔って。

FF11においてはソロでは確かに魔法剣士って感じながら、PTとなるとリフレ専門(もちろん弱体もあるけど)って感じで中途半端な立ち位置にはまってしまってる。

だからAFもあんな中途半端な感じなんだろうか?

AFの能力見ると確かに前衛用のステータスと後衛用のステータスをうまく持ってる気がするんだけど、形を見る限りは文官って感じなんだよね。

実際、ファンタジー系の物語でも魔法剣士って少なくて、色が付いてないのも理由なんだろうか?

思いつくところで言うと、魔法戦士リウイと、バスタードのD.Sくらいしか思いつかないし。(両者ともクセが強すぎてこれが魔法戦士って感じじゃない)

実際TTRPGの一つトンネルズ&トロールズでは最初のステータスが一定の値を超えたものだけが魔法剣士になる資格を持つんだけど、その後の成長についても剣と魔法をバランスよく成長させようと思うと全く使い物にならないキャラクターになったりと、扱いが最も難しいジョブの一つだったりするわけで。

ま、とりあえず、これでソロで南海の魔神BCへの挑戦権を得たって事で、赤を75まで育てるかどうかはちょっと悩み中。

さすがに歌パニエも飽きてきたし、近々修正されるみたいだし、PTでもしてみようかね?

とは言え装備が無いんだよねぇ。。。

それ以上に金が、、、

所持金5万ギル切ってるし。。。

やっぱりMMORPGは所持金問題が最大の敵だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

ヴァジュラ

金剛杵(ヴァジュラ)とは、元々は古代インドの武器で、密教では仏の智慧を象徴し、 煩悩(ぼんのう)を打破する菩提心の表象。

さて、フロンティアの前に立ちはだかるヴァジュラはここから取られているのか?

自己進化・自己増殖を行える究極の兵器と言う意味では何となく通じる気もする。

一方で煩悩を打破するって方はどうか?

人類が宇宙へ出て新しい世界を創造する。

これ自体が問題なのか?

それとも人類が新たな世界を構築するに当たり、元々あった世界、新発見した惑星の環境を破壊する事が問題なのか?

そもそも、宇宙に進出するまでの科学を手に入れながらも、未だに人類間での争いを止められない事こそが問題なのか?

その問題を持ったまま宇宙へ進出した人類への警笛がヴァジュラの出現なんだろうか?

そもそもヴァジュラとはいったい何なんだ?

マクロスにおいて宇宙はゼントラーディーと監察軍が2分していると言われ、実際にはゼントラーディーが大きく優勢で監察軍が押されている状況らしい。

マクロス7以降の公式見解としては、ゼントラーディとはプロトカルチャー文明が発明した生体兵器であり、その進化系として開発したプロトデビルンが異世界の意識を取り込んだことによりプロトカルチャーに叛旗を翻したとなっています。

プロトデビルンはプロトカルチャーの一部及び、ゼントラーディーの一部を洗脳する事で自分の味方とし、これがゼントラーディーと対峙する監察軍になったとされます。

もともとゼントラーディーにはプロトカルチャーに対する攻撃不可のプログラムがインプットされていた訳ですが、プロトカルチャーの一部が敵となった事でこの命令を解除しなくてはならなくなり、その後プロトデビルンの封印に成功した際には既にプロトカルチャー全体が疲弊しきっており、ゼントラーディーへの攻撃不可プログラムの再発行は出来ない状態であり、そのまま滅んだと。

とは言えプロトカルチャーとプロトデビルンと言う両陣営の頭が無いにも関わらず、戦闘のみをプログラムされた両陣営の戦闘部隊は戦いを止める事ができず現代に至っている模様。

当初はこのうちの監察軍の兵器がヴァジュラかと思ってたんだけど、実際にここまでの戦闘力を保有するとすると、これって監察軍がゼントラーディーに押されていると言う状況が納得いかないものになってくるよな。

最新兵器って言う線も無くは無いけど、そもそもゼントラーディーの設定として開発・修復する考えは無くひたすらあるものを使うだけの設定になっている。

監察軍についても主な兵力はゼントランであり、プロトデビルンがマクロス7のラストで銀河の果てに飛び去った事を考えると、新たに開発したって線も難しい気がする。

となると、一番怪しいのはやっぱり地球人?

プロトカルチャーの兵器を元に新たな兵器を生み出そうとして作られたのがヴァジュラ?

そもそもヴァジュラこそが人間の煩悩の塊なんじゃないの?

117調査船団グローバルにおいてプロトカルチャーの生体兵器を回収→改良を加えたものがヴァジュラ。

ただ、ドクターマオがメンバーだった事を考えると元々は兵器を作ろうとしてたんじゃ無い気もするけど。

やっぱ、鳥の人の研究が一番近い気がするな。

自分の血に反応する鳥の人に近いものを自分の血筋のランカを使って研究していたと。

となると研究の目的はやっぱ、シンとサラが絡むのかな?

一方でグレイスは元々違う目的を持っていたのかも知れんね。

マオや共同研究者であるランシェ・メイに対する執着心なのかな?

この辺りは今後はっきりするとは思うんだけど。。。

後は、無いとは思うけど、そもそもヴァジュラ自体が自然発生したとかかなー?

トップをねらえの宇宙怪獣みたいな、宇宙の意思による宇宙と言う体を正常に保つための白血球みたいな。

いやいやさすがにこれだとちょっと引くと思うけど。

いづれにしてもすげー気になるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

ランカの新曲

前回の22話で始めて日本語の入ったタイトルになったと思ったら、これって19話からの劇中歌タイトルの流れだったとは。

まさか始めて使われる歌がそのままタイトルになるとはちょっとやられた感じだぜ。

ちなみに19話以降のタイトルはこんな感じ。

#19トライアングラー
#20ダイアモンド・クレバス
#21蒼のエーテル
#22ノーザン・クロス

とりあえず全25話として残り3話もこのパターンかな?

新曲が入る可能性も当然あるので全部当てるのはかなり難しいが、タイトルになりそうな曲で残っているのとなると、

「インフィニティ」、「星間飛行」、「愛・おぼえていますか」、あたりだろうか?

公式の22話見る限りシェリルが歌手として復活するらしいので、次回かその次辺りにはシェリルの新曲も出そうだけど。

個人的には最終話はあえて「星間飛行」で行って欲しい!

やはり最後は明るくハッピーエンドで!

マクロス7程でなくても良いからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »