« なんと! | トップページ | ゴーオンジャー GP32 »

2008年9月27日 (土)

マクロスF アナタノオト

圧倒的な存在感を放つ最終話。

冷静に考えるとストーリー的には大分無理があるのはすぐにわかるんだが、それすらも飛びぬけさせる映像と音楽。

絶妙のタイミングで現れる25とメサイア隊。

対するはバトルギャラクシーとゴーストV9。

オズマに回収されたクランはマイクローン化しミシェルのVF-25Gに。

ルカもRVF-25に登場しゴーストX9のリミッターを外す。

かつてマクロスシティを恐怖も底に陥れたその力を!

クランとルカの持ってきたメサイアを受け取るアルトは、プラスのイサムの指飛行機か、、、泣ける。

そしてその心は歌舞伎役者としての経験の本当の意味を理解出来るまでに成長したのか。

スカル小隊最後の出撃は、、、「全機行くぞ!突撃ラブハート!」

最後までイカス!オズマ!

シェリルはノーザンクロスでランカの意識を助け出すも、ここで力尽きる事に、、、ここまでなのか、、、

グレイスは取り込んだクイーンの力を使ってヴァジュラを操る事が可能に。

支配したヴァジュラを使いマクロスシティ、マクロス11が最初の標的となる。

しかし、復活したランカがシェリルのV型感染症を治し、クイーンのヴァジュラへの支配力すら制する。

ストーリーとしてはここからは完全に愛おぼのオマージュですな。

人類と異星人(ヴァジュラ)が歌を通じて理解し合い、本当の敵を打つ。

本当の敵が同じ人類なのはむしろ皮肉にも思えるけど、、、

艦橋へ敬礼するアルト、マクロスアタック、破壊されるマクロスキャノン全てがオマージュとして昇華されている完璧な演出。

違いは圧倒的なフロンティアメドレーによるスピード感。

そしてここに来てやっとアルトとブレラのタッグが完成。

元凶であるグレイスに止めを刺すのは、ミシェルの狙撃銃。。。

この演出は憎い。

そして三角関係は、ランカがシェリルに戦線布告で本格的な三角関係になったところで終わり。

うん。これはこれでいい終わり方だろ。

ナナセも復活し、主要キャラでの死亡は結局ミシェルのみ。あ、後アルトの部下がゴーストに無残に殺されたか。柿崎並に、、、やっぱりジンクスか?

結局ヴァジュラはプロトカルチャー文明とは別の存在って事なのかな?

ただ、プロトカルチャーもヴァジュラの存在自体は知っていて、そのクイーンを模したものが鳥の人って認識で良いんだろうか?

もうちょっと見直してみるか、、、もう3回目なんだが。。。

で、ビルラーとミンメイって何の繋がりだったんだろう、、、すっげー気になるんだけどw

最後はトライアングラーで〆。

CM明けには「劇場版マクロスF始動」の文字だけ、、、、これだけで終わりってーのも気になりすぎだろ?w

|

« なんと! | トップページ | ゴーオンジャー GP32 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/42605843

この記事へのトラックバック一覧です: マクロスF アナタノオト:

« なんと! | トップページ | ゴーオンジャー GP32 »