« 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | トップページ | 折角 »

2008年9月18日 (木)

コードギアス 反逆のルルーシュR2

さて、もう一つのブログに書いてなくて(ほぼ)毎回見ているアニメ。

(多分)2008年度上期で一番の話題だった「コードギアス 反逆のルルーシュR2」です。

アニメ雑誌に毎月の様に特集を組まれる人気作品。

視聴率については低迷してるとの報道もあるけど、この作品の主な購買層って多分低年齢じゃなくて中学・高校生ぐらいなんじゃないのかな?

だとすれば日曜夕方5時って録画視聴じゃないの?

とすれば視聴率調査に影響ないからそれほど問題ない気もするんだけどどうなんだろう?

グッズの販売とかはそれなりに好調なんじゃないの?

そっちの方が気になるけど、そう言ったデータは持ってないので良く分からんが。

で、本編の方だけど、そもそも毎回見てるならレビュー書けばいいんだけど、、、

と言うか秋に始まる00第二期は多分レビュー書くのに何故コードギアスは書いてないのか?

多分、コードギアスの記事書けば間違いなくアクセス数アップすると思う!w

では再度、何故書かないのか!

単純に批判記事しか書けそうに無いからです。

以下は個人的な感想です。

正しいとは思っていないけど自分の受けた感想だから仕方ない。

まず、主人公がアホすぎる。

多分設定上IQは極めて高いんだろうが、更に常に冷静なキャラ(妹の事は除いて)として設定されているんだろうが、やる事自体に主体性が無く受動的に見える。

父を激しく憎悪しているのはその理由を含めて分かる。

が、行動を起こしたきっかけはギアスを手に入れたからって、、、、、どう見ても状況に流されてるだけのカワイソウな人間。

脚本家が意識しているかどうか分からないけど、姉妹の為に自分の才覚と親友を頼りに古き大国の体制に挑む、、、銀河英雄伝説のラインハルトと非常に良く似た設定じゃないかな?

そう考えると戦術性や戦略性を取り入れているように見えるけど、稚拙に見えてくる。

他にも政治(戦略に近いけど)や学園物を取り入れているが、無理やり感が強い。

そもそもこの作品は、裏設定等が細かく設定されているにも関わらず、広く浅くが根本に有る作品じゃないのかな?

それぞれのテーマを広げるつもりは全く無くて、あまり深いことを考える作品じゃないと思う。

ナイトメアフレームは個人的には嫌いじゃないけど、結局サンライズって事でガンダムの流れを踏襲しているのもちょっと。。。

オンオフ機>量産機の流れがあって特にラウンズ用なんて傷ついたら修理すら出来ないんじゃないの?って思ってしまう。

兵器としてどうなんだろう?これはそもそもガンダムがそうなんだけどね。

ルルーシュとスザクのW主人公もSEEDが人気出たのを引っ張った様にしか見えなくて。。。

という事で毎回突っ込みを入れずには居られない展開が毎回レビューを書く気にさせないアニメが、コードギアスなんだよね。

後は、音楽は今期で言うとマクロスFと薬師寺涼子の怪奇事件簿があるせいか、やはりエーベックス戦略には違和感があって映像と合ってない気が、、、、、

これは商品戦略なので改善策があるとは思わないけど、この枠はやっぱり広く浅くでより多くの人を対象としてちょっとずつ興味を持ってもらって、幅広くグッズを売ろうとしている気がするな。

そういった意味で自分が求める物がこのアニメには無かっただけなんだろうと思うんだけど。

じゃぁなんでほぼ毎週見てるのかというと、どっちかというとギャグ漫画間隔で見てるとそれなりに面白いんだよね。

|

« 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | トップページ | 折角 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/42513593

この記事へのトラックバック一覧です: コードギアス 反逆のルルーシュR2:

« 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | トップページ | 折角 »