« 先週の最終回① | トップページ | 先週の最終回③ »

2008年9月29日 (月)

先週の最終回②

続いて感動?の最終回を迎えたコードギアス 反逆のルルーシュR2。

こちらも個人的にはそれほど期待していなかったけど、それなりの結末って感じかな。

ルルーシュの最後の作戦?である「ゼロレクイエム」

それは全世界の憎悪を自身に集め、そしてゼロ(中身はスザク)に討たれる事にあった。

やった事としてはガンダム00一期のソレスタルビーイングと一緒ですね。

00の世界はソレスタルビーイングの思惑通り一つに纏ったのもつかの間、結局、長い平和は訪れなかったようだけど。。。

ルルーシュの世界はどうだろう?

ルルーシュが死んでしまった為、続編は無いと思うけど、00と同じ結末を迎えるのか?

一つ違いがあるのは、ルルーシュのギアスが人々に残っている事。

「ゼロに従え!」

このギアスは何時まで有効?

と言うかちょっと頭のいい人が考えれば、ゼロ=ルルーシュだったことがばれているわけだから、ルルーシュを殺したゼロがルルーシュの仲間である事は察しが付くんじゃないの?

そういう意味では、やはりちょっと展開に疑問が残るよね。

ゼロは日本特区の英雄であるなんて昔の事。

既に反逆者であるゼロを今更英雄とか言われても誰もピンと来ないんじゃないの?

何となく流されてしまう話だけど、根本的におかしい気がする。。。

結局サンライズのストーリーって感じで目新しい感は無し。

しかも主人公が死んで終わりと言ういわば最悪の結末。

例えギアスが死ぬまで有効としても、そう長くない期間の一時的な平和の為に主人公が死んだとすると報われない気がしないでもない。。。

銀英伝のヤン・ウェンリーのように、「私の希望は、たかだかこの先数十年の平和なんだ。だが、それでその十分の一の期間の戦乱に勝ること、幾万倍だと思う。」 と言う意識ならそれもありだとは思うけど。

少なくともルルーシュの意識にそんな事は無いように思う。(少なくともそう言った発言は無かったし)

となるとやはり無駄死に感が、、、、、しかも主人公が、、、、、

ストーリーとしてはそれなりに一貫性があったのかもしれないけど、やはり最後の最後まで緻密さにかける天才肌(らしき)の間抜けな主人公ルルーシュって言うのがこの物語の結論っぽい気がする。

色々なブログも見て回ったけど、基本的には肯定派が多いようですな。

ちなみに、色々書いてる俺もこう見えて肯定派です。

但し、先にも書いたとおり、間抜けな主人公を楽しく見守る的な意味ですけどね。

|

« 先週の最終回① | トップページ | 先週の最終回③ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/42632539

この記事へのトラックバック一覧です: 先週の最終回②:

« 先週の最終回① | トップページ | 先週の最終回③ »