« 先週の最終回③ | トップページ | 新炎神! »

2008年9月29日 (月)

これぞ最終回!

そして先週の最終回最後はやはりマクロスF

もう感想書いてるけどね。

改めてこの週末で10回くらい見たけど、やっぱりいいね!

そして幾つか気付いた事が。

まずは今作の目玉であるWヒロイン(歌姫)の存在。

ずーっとランカ=ミンメイ、シェリル=美沙と思ってたんだけど、そうじゃないんじゃないか?

最終話の決戦を見ていて感じたのは、どちらもミンメイがモチーフなんじゃないか?

ランカ=TV版ミンメイでシェリル=劇場版ミンメイだろ?

ふとしたきっかけで知り合った少女がスターダムへの道を駆け上がり、自分から遠い存在になってしまうTV版ミンメイ。

世界的なトップスターとふとしたきっかけで知り合いお互いに興味を持ってしまう劇場版ミンメイ。

それぞれがランカ、シェリルと被るだろ?

ランカが居なくなって2人で生活するとかシェリルと美沙が被る部分もあるけど、基本は2人ともミンメイがモチーフじゃないか。

そう考えると、普通の人である美沙を選んだ輝とFのアルトは全然違うんだよな。

Wヒロイン共にトップアイドルと言う立場にありながら、最後まであくまでアルトを支える2枚の翼になってる。

最終的にミンメイをアイドルと言う偶像としてしまい、普通の女性である美沙を選んだ輝はまぁ普通の人間なんだろうが、やはり歌舞伎役者を経験しているアルトは普通の存在じゃないのかもしれない。

最終的にどちらかを選ぶと言う選択肢もあったと思うけど、どちらも選ばない作品のEDが一番のハッピーエンドかな。

物語的にはシェリルEDが濃厚だったけど、ランカを選んだとしてもそれほど違和感は無かったと思う。

これは個人的なシェリル派の意見かもしれないな。

それから最後の最後で謎を残してくれたMr.ビルラーについてはネットで色々な追加情報が出てますな。

情報の発信元はどうやらアニメ雑誌のようですが。

リチャード・ビルラー:第一次星間戦争の和平派の生き残りで、銀河中心方向の調査に向かい行方不明となったメガロード級第一次移民船団(艦長:早瀬美沙、バルキリー隊隊長:一条輝、リン・ミンメイも搭乗)の調査隊指揮官だったそうです。

その際、とある惑星で朽ち果てたメガロードを発見したとの事。

つまり、ミンメイの超追っかけ?ストーカー?

それほど歌との出会いが衝撃的だったんだろうか?

こんな設定があるとは知らなかったし、別に本編で絡ませる必要があるとも思えないが、この辺は遊び心なんだろうか?

それとも劇場版への布石?

まさか劇場版ではFのW歌姫にミンメイまで登場する?

そこまで行くならバサラ様も登場させようぜ。もちろんミレーヌも。

シャロンまで登場させれば完璧。

そう言えばマオは生きてるのかな?結局過去の映像以外では発見できなかったが、、、

全ての歌が融合されたら神映画だな。

既にストーリーの有る映画というより、合体コンサートとしかいえない気もするが。。。

それはそれで良いよな。

なんてったってマクロスなんだし!

|

« 先週の最終回③ | トップページ | 新炎神! »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/42633512

この記事へのトラックバック一覧です: これぞ最終回!:

« 先週の最終回③ | トップページ | 新炎神! »