« アルティメットが登場! | トップページ | ディケイド ディエンド指名手配 »

2009年6月28日 (日)

シンケンジャー 第十八幕

仲間になったはずの源太だが、流ノ介は源太を侍としては認めない。

さすが丈瑠に次ぐ実力者の流ノ介は最も侍らしい男なんだとか。

規則正しい生活で、一日中修行と稽古の日々。

そんな流ノ介に認められようと源太は流ノ介を観察するが、それを真似るのは無理だろ。

2人で油を使う敵に全ての技を受け流され傷を負った源太。

そこで源太の正義の思いを聞いた流ノ介は少しは源太を見直した?

そして、信じるんじゃなくて疑わない流ノ介に源太も何か思うところがあったのかな。

とりあえず、これで6人の絆はますます深まったと思う。

そして次回は遂に海老折神が登場!

しかし、海老折神が源太作とはびっくり。

もう、侍じゃなくて器用な職人でいいんじゃね?

そして今回は茉子ちゃんの見せ場なかったから、次回は活躍するといいな。

|

« アルティメットが登場! | トップページ | ディケイド ディエンド指名手配 »

「特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/45486984

この記事へのトラックバック一覧です: シンケンジャー 第十八幕:

« アルティメットが登場! | トップページ | ディケイド ディエンド指名手配 »