« 日本人の技術は尊敬に値する | トップページ | シンケンジャー 第十七幕 »

2009年6月14日 (日)

こんな事が・・・

プロレス団体ノアの代表でプロレスラーの三沢光晴さんが試合中に亡くなったそうです。

プロレスがゴールデンタイムにTV放映していた頃の二代目タイガーマスクと言った方が分かり易いかもしれません。

46歳との事。

あのエルボーがもう見れないなんて・・・

信じられない・・・

信じたくない・・・

|

« 日本人の技術は尊敬に値する | トップページ | シンケンジャー 第十七幕 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129008/45337327

この記事へのトラックバック一覧です: こんな事が・・・:

» 三沢光晴 プロレスリング・ノア広島大会 第8試合 GHCタッグ選手権60分1本勝負バックドロップで死亡!問題のバックドロップ映像あり [三沢光晴 プロレスリング・ノア広島大会 第8試合 GHCタッグ選手権60分1本勝負バックドロップで死亡!問題のバックドロップ映像あり]
試合のレフェリーを務めたノア渉外部長西永秀一さん(41)は、倒れ込んだ直後「大丈夫かと声を掛けたら(三沢選手が)『動けない』と言ったので試合を止めた」と話していた。 会場は、約2300人が観戦しており、三沢選手が起きあがらず、騒然となった。 [続きを読む]

受信: 2009年6月14日 (日) 17時32分

« 日本人の技術は尊敬に値する | トップページ | シンケンジャー 第十七幕 »